年始の風物詩といえば箱根駅伝、今年は創価大学の初出場などが話題となっています。

今年の出場校

東洋大学、駒澤大学、日本体育大学、早稲田大学、青山学院大学、明治大学、日本大学、帝京大学、拓殖大学、大東文化大学、神奈川大学、國學院大学、東海大学、山梨学院大学、中央学院大学、上武大学、中央大学、順天堂大学、城西大学、創価大

大方の予想

今年は5強と呼ばれる駒沢大、東洋大、青山学院大、早稲田大、明治大を中心に優勝争うが繰り広げられそうです。
中でも最有力視されるのが7年ぶりの優勝を狙う駒沢大学、例年通り穴のない強い選手を揃えている。そこが強みである。

いつか笑って過ごせる日まで的注目チーム

しかし、私は別のチームを押したい。
優勝できるかというよりは大躍進するかもしれないという意味での押すだが・・・。

まずは以前記事でも紹介した上武大学。
予選では一番遅い選手が一番早いという記録を出した。
(後ろに詳細記事あり)

そして、予選会で日本人歴第一位を叩きだしたエース村山紘太選手率いる城西大学の2校である。

平均力の上武大学

今年こそは悲願のシード獲得を目指す上武大学・・・。
正直かなり厳しいとは思うが、頑張っていただきたいものである。
予選会で不調だったエース佐藤選手が2区にエントリーされており、復調次第では、上位に食い込むこともあるかもしれない。
1人が崩れても平均力でカバーし頑張ってほしいものである。
速い選手が割りと補欠に回っているのでそのカードを何処に切るかも注目すべきところである。

絶対エースがどこまで逃げるか?城西大学

エース村山紘太選手が2区で1位を取りどれだけ差を付けれるかが鍵。
しかし、駒沢の双子の兄村山謙太選手を筆頭に強い選手が並ぶためどこまで粘れるか・・・。
上位進出を狙い結果的にシードを確保できるかという辺りかもしれないが、上武大学同様頑張っていただきたい。

予定調和では面白く無い。

最近の箱根は優勝候補が優勝してしまう・・・。
できれば上に上げた上武大学や城西大学、そして初出場の創価大学などに頑張っていただきたいと個人的には思う。

しかしまあ、妥当な順位を予想してみる。

1駒澤大学
2日本大学
3東洋大学
4早稲田大学
5青山学院大学
6明治大学
7日本体育大学
8神奈川大学
9山梨学院大学
10城西大学
11東海大学
12帝京大学
13拓殖大学
14上武大学
15中央大学
16國學院大学
17中央学院大学
18大東文化大学
19順天堂大学
20創価大

個人的願望

日本大学、上武大学、城西大学で優勝争いを繰り広げ、まさかの駒沢大学が往路で大失速でシードすら逃すという大惨事・・・。
創価大学がまさかの初出場で初シードを果たす・・・。

いや・・・さすがにないか・・・。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス