ホームセンターなどでも簡単に手に入る、無地でシンプルな紙袋。

安いし、たくさん入っているし、コスパはいいんだけれども、
とにかくシンプルすぎるのがちょっと悩みの種。

ちょっとの工夫で、今風なお洒落紙袋に変身するラッピング術を
店舗用品を多く取り扱う「シモジマ」さんが紹介していました。

どれもカード、タグ、リボンなどをつけるだけの簡単アイデアなので、
ぶきっちょさんでも安心。
今すぐ真似できるのが嬉しいですね!

1.赤&ハートでもらった方の気持ちもアップ!

出典 http://www.akinaishien.com

1月のお正月~2月のバレンタインデーにかけては
赤いラッピングが目を引きますね。
バレンタインデーには定番のハートは欠かせません!

2.春先にはラブリー&ガーリーなピンクにチェンジ

出典 http://www.akinaishien.com

3.グリーンをあしらえばナチュラルな雰囲気に

出典 http://www.akinaishien.com

グリーンを使ったナチュラルなラッピングは、
シーズンを問わず年間を通して使えます。

タグにはスタンプを押したり、麻ひもやラフィアなどを使うと
グッと雰囲気が出てきます!

4.流行の白×黒デザインでシンプルに大人っぽく

出典 http://klastyling.com

出典 http://klastyling.com

タグの重ね付けもぜひ真似したいアイデア。
無地×柄、無地×ロゴ入りなど、目立つ組み合わせにしておくのがおすすめ。

カードにはメッセージを入れても良いですね!

5.ウインターパステルで冬のナチュラルエレガンス

出典 http://klastyling.com

幅広のリボンで大人っぽい印象に。
オーナメントっぽい柄のカードも大人の雰囲気にピッタリ!
ウインターパステルで、落ち着いた大人のナチュラルエレガンス風。

使っている紙袋はどれも同じなのですが、
ラッピングやアレンジが変わるだけで雰囲気もガラリと変わるものですね!

「シモジマ」さんの通販サイトからご覧くださいませ。

この記事を書いたユーザー

フォトスタイリスト ヤノミサエ このユーザーの他の記事を見る

アパレルデザイナー、ウェブショップバイヤーなどを経て、現在は関西を中心にフォトスタイリストとして活動中。撮りたいものの魅力を最大限に引き出して、素敵に撮る「フォトスタイリング」講座も開講。おしゃれカッコいい暮らしのアイデアを日々ブログ(http://ameblo.jp/noblexxx)で発信しています♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス