最初Twitterで流れたのを見た時、虚構新聞辺のネタだと思ったら・・・。
まさかの本当だったようで・・・。

ちょっとこれは大丈夫なのでしょうか・・・?

ネットの反応

いくらなんでもこれはないだろうって名前ですよね・・・。
さすがに勘弁していただきたいものです・・・。

山本太郎氏が入党は普通にまあ、そうなるよねと思いますが、どうしてそういう名前にしてしまったのか・・・。

本当にふざけすぎです・・・。

私も虚構新聞だと思って開きました。

ネタにしかならん状態ですが、本気のようです・・・。

第三極ブームの終焉へ・・・?

新党ブームの火付け役国民新党が消え、その後のパイオニア的存在みんなの党も先の衆議院議員選の前に消滅、亀井氏は生き残ったものの、渡辺氏は議席すらも失ってしまった。
維新の党も議席を減らし、次世代の党は消滅寸前・・・。
そんな中、なんと政党要件を喪失していた生活の党に山本太郎氏が入党、ここまではよかった。しかし、政界の壊し屋、総理に最も近い男と言われた小沢一郎氏の迷走としか言えないような党名に変わってしまったのだ・・・。

この党名変更は、第三極という名前の新党ブームの終焉を告げているのかもしれない。
現在の状況を考えると、おそらく、自民党を中心とするグループと民主党、維新の党を中心とするグループに再編されるのではないだろうか?
もしくはガラガラポンで改憲保守と護憲リベラルにわかれるかだが、現在の自民党の安定感からはそこまで起こるとは思えない。
そうなるとやはりゆるやかに2つのグループに再編されるという考えのほうがしっくり来るのではないだろうか・・・?

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス