アジア家族放浪中、長男をシンガポールの幼稚園に通わせた事もあって、行く先々の国で幼稚園や学校を見たり、情報を集めたりしました。

各国、それぞれに良い点と悪い点がありましたが、幼児期から多様性に触れさせたい、英語環境で学ばせたい、世界を感じたい、などの目的があれば、それは適しているとは思いませんが、日本の幼稚園自体は、悪くない、それどころか、かなり良いのではないか?と思いもしました。

特に日本の保育士資格試験受験中の身としては、他の国のダメなところも多く感じました。これは幼児教育のシステムの話というより、日本人の人間性の話に近いのですが。

■今後はイノベーターしか生き残れない

旅行中に『未来のイノベーターはどう育つか』という本を読みました。著者であるトニー・ワグナーはハーバード大学テクノロジー起業センター初代フェローを務めた人です。20、30代の150人以上のイノベーターと呼ばれる人をインタビューし、そこから分かったことをまとめた本です。

本書では、今後はイノベーターしか生き残れない、と書かれており、例えば、MITやオーリン工科大学、フィンランドのチームアカデミー、dスクールなどを除いて、アメリカを含む全世界のほぼすべての大学は、これからの人材を育てるための教育機関としては、失格だ、と書かれています。

ハーバードやスタンフォードであっても要件を満たしていない、というのです。

元来、子どもはイノベーターになる素質が十分であるのに、教育や家庭環境が、そのイノベーターとしての才能をことごとく奪っていき、大学を卒業する頃には、完全にイノベーターとしての才能を奪われた状態になる、と書かれています。

■イノベーターを育てるために親ができるたった一つのこと

イノベーターになるには、自分の好きなことに没頭して、その信じる道をひたすら突き進む。そして、そこにいつしか、目的が生まれ、それがさらに社会的に昇華されると、世の中から認められ、必要とされるイノベーターになるというのです。

そして、このプロセス、あるいは子どもの成長過程は、たいていの場合、周りから理解されず、周りが考える正しいとされる道に戻されることになります。それが、今の教育だというのです。

だから、親が子どもに対してできる唯一で最大のことは子どもを信じることだけだ、というのです。

続きが気になる方は、こちらのブログも参照ください。

この記事を書いたユーザー

吉田和充 このユーザーの他の記事を見る

吉田和充/東京都出身

クリエイティブコンサルタント/クリエイティブコネクター

得意分野は、食や農、遊び、学び、育ち、子どもといった「人の真ん中」に携わる部分。

経営戦略、広報広告戦略の立案、プロデュースや、商品、新規事業開発、海外進出プロデュースなどの企業や店舗、個人の課題解決をしています。

海外のいろんなところに住んで、世界中で仕事をしたい、という中2的妄想を持つ40代クリエイター。

2015年保育士免許取得(←予定!)
2014年次男誕生に際して1年間の育児休暇を取得。
男子2児の父。

権利侵害申告はこちら