ユーミンこと松任谷由実さんのコンサートチケットといえば、なかなか手に入らないプラチナチケットとして知られていますが、12/19とある場所にユーミンが登場!おしゃれな小さいコンサートへの突然の登場に、会場は騒然!どこに?なぜ?ユーミンが現れたのか。数十年に渡る友情の厚さを物語る、感動秘話をお伝えします。

衝撃の登場場面があったのは、12/19(金)夜。場所は、JR鎌倉駅から徒歩15分、都内のデパ地下でもケーキを販売する「鎌倉 歐林洞」。

この日、開催されたのは、湘南サウンドで知られるブレッド&バターの「Bread&Butter with GirlFriends Final!」。

1969年にデビューしたブレッド&バターの45周年を記念した、今年2月から5回シリーズの歐林洞でのライブ。
尾崎亜美、吉田美奈子、五輪真弓、EPOと、ブレッド&バターのGirlFriendsとして往年の大物ゲストが続きました。
そしてFainalとなる12月のライブのスペシャルゲストは、初めてシークレットとされていたのです。

スタッフには緘口令が言い渡され、情報が漏れないように細心の注意を払ってライブ当日を迎えます。ブレッド&バターのファンにとっては、ついに来るのでは?と、憶測が飛んだそうですよ。

ライブでは、45年間を経ても変わらぬ美しいブレバタのハーモニーが、林立夫(Per&Dr)・小原礼(Ba)・鈴木茂(G)・中西康晴(Key)というこれまた一流のミュージシャンたちのバンドと共に奏でられました。

途中休憩は、クリスマスショートケーキ・オリジナルティー・ワインと共に歓談タイム。大人のライブでは、大人の楽しみ方がピッタリ!

休憩後の後半、紹介され登場したのは、マンタこと松任谷正隆さん。まず、バンドに松任谷正隆さんを加え、ユーミンナンバーの演奏&ブレバタの歌。そして、満を持して登場したのが、ユーミンこと松任谷由実さん。

ブレッド&バターとの付き合いは70年代からと長く、当時を彷彿とさせるようなフォークロア調のべロア&ビーズのブルーのトップスに白のコットンパンツ、白のコンバースというラフな出で立ちでの登場です。

ブレッド&バターとの思い出や、曲を9曲提供していることを紹介し、コラボで2曲、ソロで1曲熱唱。

ブレッド&バター あの頃のまま

出典 YouTube

ブレッド&バターとユーミンの3人のコラボのラストソングとして歌われたのがこの曲!
作詞作曲は、呉田軽穂こと 松任谷由実。

70年代からのミュージシャンの先輩の為に、出演を決めたユーミン。シークレットでの登場でしたが、「45周年おめでとう!長生きしてね!」と、最高のお祝いの言葉を残し、伝説のライブは終了。

ようやく緘口令が溶けたスタッフたちは「あ~つらかった!」とのこと。
会場にいた150人のみが体験できた、2度とないライブ。観て聴くことができた人は、きっと来年も良い年になるでしょうね。
そして、こんな秘密を知ってしまったあなたにも、幸せがたくさん訪れますように!

この記事を書いたユーザー

みーちゃん猫 このユーザーの他の記事を見る

国内・海外の旅行ガイド[Travel.Jpたびねす] にて、100以上の記事を掲載中の旅行ナビゲーター【http://guide.travel.co.jp/navigtr/30/
アメーバブログ「みーちゃん猫日記」【http://ameblo.jp/mi-channeko/】を毎日更新中♪

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス