蕎麦屋で「ぬき」といえば、そばを抜くこと

天ぬき・天抜き(てんぬき)は、天ぷらを載せたかけそば(天ぷら蕎麦)から蕎麦を抜いたもの。東京の蕎麦屋でも使われる江戸っ子言葉の一種。単に「ぬき」とも言う。

出典 http://ja.wikipedia.org

かき揚げタイプの「天ぬき」

出典 http://allabout.co.jp

池の端 薮蕎麦@上野広小路

海老天タイプの「天ぬき」

出典 http://www.dancyotei.com

神田 まつや@淡路町

いずれにしろ、つゆに浸った天ぷらを食べながら日本酒の熱燗などをちびちびやるわけですよ。

シメはもりそばをいただくわけです

出典 http://tabelog.com

昔は、蕎麦というのは、注文を受けてから打っていたので、時間がかかりました。そこで、先につゆに浸った天ぷらを食べ、残ったつゆに出てきたそばをつけて食べていたものだそうです。

もちろん、天ぷら以外もアリです

鴨ぬき

出典 http://tabelog.com

並木藪蕎麦@浅草

ちなみに。。。

大阪には肉うどんのうどんを抜いた「肉吸い」がある

出典 http://tabelog.com

千とせ@難波

とはいえ、お店のよって、「ぬき」をやってくれるところとそうでないところがあるので注意が必要です。メニューにのっているケースは少ないです。それから店によってですが、ぬきの値段が安いところと、天ぷらそばと同じ値段のところもありますので、それも注意が必要ですよ。近所のお蕎麦屋さんで勇気をふりしぼって「ぬき」をたのんでみたはいかがでしょう。

この記事を書いたユーザー

下関マグロ このユーザーの他の記事を見る

フリーライターをやっています。
よく原稿依頼されるジャンルは散歩、フェチなど。
近著は『町中華とはなんだ』(リットーミュージック/共著)

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • ライフハック
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス