北海道・北日本では、北極の「ブリザード級」の爆弾低気圧

爆弾低気圧とは

「爆弾低気圧」は「急速に発達する低気圧」のことで、「発達する」というのは「気圧が低くなる」ことです。気象庁によれば、緯度によってその基準は変わるものの、一般的には1日で約24ヘクトパスカル以上気圧が低くなることとされています。

出典 http://www.nikkei.com

過去の爆弾低気圧ベスト3

2011年01月15日発生の低気圧

発生日時: 2011-01-15 21:00:00 持続時間: 162時間
最大発達率: 2.19(36.2N, 152.5E) 最低中心気圧: 935.7hPa (45N,170E)

[被害情報]
 2011年(平成23年)1月16日から18日にかけて日本の東海上で急速に発達した低気圧の影響で少なくとも1道5県で人的被害,建物被害,交通被害,農林水産被害,ライフライン被害が生じた.

①北海道では,屋根の雪下ろし中の転落事故,落雷や除雪作業中に川に転落するなどして死者7名,重傷者9名,軽傷者6名の人的被害が生じた.一部破損2棟の住家被害が生じた.暴風・波浪による土木被害額は34,323千円,農業被害額は73,580千円にも及んだ.
②石川県では,公共建物以外での非住家被害が1棟生じた.
③滋賀県では,重傷者1名,軽傷者2名の人的被害が生じた.パイプハウスの破損が3棟で生じる非住家被害が生じた.JRで,16日〜17日にかけて60本が運休,303本に遅延が生じる交通障害が生じた.
④京都府では,スリップや歩行者の転倒が多発し,17名が転倒により負傷した.大雪の影響で,JR琵琶湖線の米原駅・京都駅間で22本が運休,106本の遅延が生じた.東海道新幹線は,浜松駅・新大阪駅間で速度を落とし運転し,上下線計75本に遅延が生じ,約67,000人に影響が出る交通被害が生じた.また,京都市内でスリップ事故が少なくとも100件発生した.
⑤鳥取県では,積雪の影響により,米子自動車道で15日夜から18日夕方まで通行止めとなった他,鳥取自動車道や国道及び一般道で一時通行止めとなった.公共交通機関はJR伯備線や若桜鉄道で列車の運休,航空機の欠航,高速バスの運休が生じた.雪の重みにより,ビニールハウス倒壊などの農業施設被害が発生した.鳥取市で1100戸で停電となるライフライン障害が生じた.
⑥愛媛県では,松山自動車道(大洲北只IC〜西予宇和IC,三島川之江IC〜川内IC),高知自動車道(川之江東JCT〜南国IC),今治小松自動車道(いよ小松IC・JCT〜今治湯ノ浦IC)で通行止めとなる交通被害が生じた.489戸で停電となるライフライン障害が生じた.

出典 http://fujin.geo.kyushu-u.ac.jp

2013年01月14日発生の低気圧 

発生日時: 2013-01-14 03:00:00 持続時間: 180時間
最大発達率: 3.09(35.0N, 146.2E) 最低中心気圧: 936.1hPa (40N,158.8E)

①宮城県では、仙台空港の滑走路が一時閉鎖され、国内線74便、国際線4便が欠航した。鉄道は東北本線松島駅で上下合わせて7本が運休になった他、6本に最大38分の遅れが出て、1,500人が影響を受ける被害が生じた。
②福島県では、福島空港において国内線8便が欠航した。鉄道は磐越西船で運転見合わせ、道路は赤坂東野塙線、矢祭山八槻線、東北自動車道、磐越自動車道、常磐自動車道で通行止めが生じた。
③茨城県では、死者2名、中傷者等24名、軽傷者78名の人的被害が生じた。農業施設の被害はパイプハウスの全壊等222棟にも及んだ。
④栃木県では、降雪による転倒、車のスリップによる事故等で、重傷者17名、軽傷者46名の人的被害が生じた。交通機関においては有料道路他7ヶ所で通行止め、JR宇都宮線・JR水戸線・東武日光線他で運転見合わせ・運休・遅延などの障害が発生。また26,400戸で停電が発生した。
⑤群馬県では、雪の影響でスリップ事故や転倒により、重傷者2名、軽傷者63名の人的被害が生じた。交通機関においてはJR高崎線で全線運転を見合わせた他、東武鉄道では特急19本運休、東部伊勢崎線で一部運休や遅延などの障害が生じた。また、高速道路では、上信越道松井田妙義から長野県側、館林ICから川口JCにかけて共に通行止めとなった。
⑥埼玉県では、死者1名、重傷者20名、中傷者等120名、軽傷者375名の人的被害が生じた。道路は東北自動車道、首都高速等、多数の道路で一時通行止めとなった。鉄道はJR宇都宮線、同高崎線等、多数の線区で一時運転見合わせとなった。
⑦千葉県では、負傷者456名の人的被害が生じた。住家被害は強風により3棟が一部倒壊した。農産物の損傷やパイプハウスの倒壊、ビニールハウスの破損など農業被害も生じた。道路はアクアライン連絡道やアクアラインが通行止めになった。鉄道はJRでは306本が運休、一部路線で運転を見合わせた。航空機は71便が欠航し31便が他の空港に代替着陸した。
⑧東京都では、重傷者7名、軽傷者288名の人的被害が生じた。住家被害は4,200世帯で停電が生じた。鉄道はJR東日本では、常磐線などで612本運休。私鉄各線では、運休や大幅な遅れが生じた。航空機は約550便の欠航が生じた。
⑨神奈川県では、重傷者6名、中傷者16名、軽傷者99名の人的被害を生じた。住家被害は一部倒壊が2棟生じた。鉄道は尻手駅から浜川崎駅で運転見合わせ、ロマンスカーが運休した。道路は首都高速道路、県道70号、県道75号、県道736号で通行止めとなった。横須賀市で4,300軒、横浜市保土ヶ谷区で約400軒の停電が起こる被害が生じた。
⑩石川県では、14日13時頃、永平寺町藤巻の県道168号線で高さ約10 m、幅約20 mにわたって方面が崩れた。道路は全面通行止めとなった。
⑪山梨県では、負傷者15名の人的被害が生じた。道路は中央道、中央道富士吉田線、東富士五湖道路、国道138号線籠坂峠が通行止めとなった。鉄道はJR東日本の中央線で特急10本の運休、富士急行線で1本の運休が生じた。ライフラインは、北杜市で約300軒、甲府市で約300軒、甲斐市で約700軒、大月市と都留市で100軒未満の停電が発生。
⑫長野県では、死者1名、重傷者2名軽傷者1名の人的被害が生じた。住家被害は一部破損が1棟、非住家の全壊が1棟発生。道路は一部で通行止めとなった。航空機は4便が欠航した。長野新幹線は雪の重みで竹が線路に倒れた影響で10本の列車に遅れがあった他、JR中央線の特急あずさ上下7本が運休・部分運休などの被害が出た。雪の重さによる倒木などで6,320戸の停電が発生するなどの影響を受けた。
⑬岐阜県では、14日加茂郡白川町で1,700戸が停電した。
⑭静岡県では、積雪のため伊豆で最大9区間が通行止めとなった。
⑮三重県では、雪の影響で名張市内の約2,880世帯が一時停電する被害が生じた。
⑯大阪府では、負傷者4名の人的被害が生じ、河内長野市で約840棟が停電となる被害が生じた。
⑰奈良県では、名坂国道・天理東〜山添IC間、京奈和自動車道・郡山南〜橿原北ICなどで通行止めとなる被害が生じた。また、一部地域では、雪による倒木の影響で送電線切断・短絡があり停電が多数発生する被害も生じた。
⑱広島県では、死者1名、軽傷者1名の人的被害が生じた。

出典 http://fujin.geo.kyushu-u.ac.jp

2005年12月22日発生の低気圧

発生日時: 2005-12-22 03:00:00 持続時間: 66時間
最大発達率: 1.77(38.8N, 147.5E) 最低中心気圧: 940hPa (47.5N,168.8E)

 2005年 (平成17年) 12月22日に日本の東海上で急速に発達した低気圧の影響で,少なくとも6府県で人的被害,建物被害,交通障害,停電,漁船の沈没の被害が発生した.
①岩手県では,24日に紫波町で高圧線に木が倒れたため赤沢地区・西長岡地区の計531戸で停電が生じた.
②富山県では,22日から25日の間に冬型の気圧配置の強化によって大雪となり,除雪作業等で23名が負傷した.
③奈良県では,22日に積雪の影響で転倒事故が多発し,骨折7名,骨折の疑い6名,打撲等5名の人的被害が発生した.また,奈良市西部・北西部,生駒市,平郡町の計約9万軒で停電が発生した.
④京都府岩滝町では,22日に積雪の影響で,側溝が雪で埋まり住家1棟が床下浸水,民家の車庫が1棟全壊した.また,波浪によって京丹後市網野町浅茂漁港では漁船1隻が沈没した.
⑤兵庫県では,22日に冬型の気圧配置が強まり積雪が生じたことにより,県内では転倒事故が多発し,負傷者が122名の人的被害が発生した.また,住家の一部破損1戸,非住家全壊1戸の建物被害が発生した.その他にも,雪崩が1件,道路の損壊が1件生じた.
⑥香川県では,22日に降雪や強風が強まり,高松道の高松西インター以西と瀬戸中央道で速度規制が,瀬戸中央道では二輪の通行止めの規制が生じた.また,高知道と徳島道の一部区間や阪神高速道で通行止めが発生し,香川県内からの高速バスが約160本運休した.海上交通機関では強風の影響で,高松-草壁間で全便,高松-土庄間で一部欠航,小豆島と大阪,神戸を結ぶびっぐあーすラインは全便欠航した.また,丸亀-本島間の定期船も欠航し,この影響で丸亀市本島の本島幼稚園・小学校・中学校の三校が休校となった.

出典 http://fujin.geo.kyushu-u.ac.jp

車内の雪の日対策のオススメの道具3選

1:サンシェイド
夏場の暑い時期には日差しを遮ってくれるサンシェイドは、冬場でも大変便利なアイテムです。
もし、何らかのトラブルがあって、エアコンが効かなくなってしまったら、車内の温度が下がる一方ですが、サンシェイドをフロントガラスの部分にあてておけば、車内の温度が下がるスピードを遅くすることができます。

2:毛布
雪の日にエンジントラブルなどでエアコンが止まってしまった時に、車内で毛布にくるまっておけば足元まで温めることができるので、体温の低下を抑えることができます。
また、左右の窓に挟んだり、足元に敷いたりして車内の冷気の侵入を抑えるのにも使えるので、著者は体に巻きつける用と、敷物として使う用(古くなったもの)の2種類を用意しています。

3:長靴(またはスノーブーツ)
雪の日は足元がぬれて冷えてしまったら、体全体が冷えて寒さに耐えられなくなってしまいます。
雪道を運転するときはスニーカーを履いていますが、外で作業するときや運転していないときは足が冷えないようにするために、スノーブーツ用意しています。

出典 http://nanapi.jp

雪の日の通勤・通学対策

1滑らない靴
基本的にゴム製品が良いですが、格好も気になりますよね。最近は普通の靴にワンタッチでつけることができる滑り止めもあります。

2手袋
濡れることを承知で皮製品が良いと思います。

3 重ね着
雪の日は寒いのは当然です。降る時間にもよりますが、厚着をするのではなく、気温に併せた重ね着が良いと思います。

出典 http://nanapi.jp

この記事を書いたユーザー

上枝まゆみ このユーザーの他の記事を見る

元大手結婚相談所のアドバイザー。大手の営利優先主義に疑問を持ち、個人で仲人業を始める。過去に大手興信所のカウンセラーも経験しており、婚活だけに突出せず恋愛や結婚、さらに離婚問題に対しても幅広い感心を持つ。娘が中学時代にひきこもりになったことで、「病み系」や「中二病」といわれる音楽や文学にも知識を広げている。その他、多方面にミーハー的関心を示すオバサマ。20代の頃に集英社『月刊コバルト』で短編新人賞佳作受賞。

権利侵害申告はこちら