全国優勝4回の名門ラグビー部

かつてTBSで放送されていた「スクールウォーズ」のモデルで、全国高校ラグビー大会で過去4度の優勝を誇る伏見工業高校が、校名を改称することが判明しました。

同高校は1975年に元日本代表ラガーマン山口良治氏が監督に就任し、当時荒れていた学校とラグビー部のメンバーを熱血指導で鍛え直し、全国優勝したことで知られています。

OBには平尾誠二、大八木淳史、細川隆弘ら後に日本代表を経験した選手が数多く名を連ねます。2014年に日本人として3人目となるバーバリアンズ選出者となった田中史朗も同校出身です。

スクールウォーズのモデル校として高い知名度を持つ

山口良治監督と伏見工業高校ラグビー部をモデルにしたテレビドラマ「スクールウォーズ」は、空前の大ヒットとなり、世にラグビーブームを巻き起こしました。

ほぼ実話に沿った物語となっており、伏見工業高校の名を世に広めた一因となりました。ただし、白馬に乗った女性や、梅宮辰夫と和田アキ子夫妻のようなラーメン屋が実在するかは不明です。

有名なシーンとして伏見工業のモデルである「川浜高校」が「相模一高」に109対0で敗れる話がありましたが、こちらも点数若干は違うもののほぼ実話だそうです。

洛陽工業高と合併し校名を一般公募へ

その伏見工業は16年4月に洛陽工業高校との合併が決定しています。両校とも伝統校で、全く新しい高校となるには改称が必要と判断したようです。

校名は公募となり、12月15日から来年1月23日まで受け付けます。ラグビーファンからは「残念」と言う声が挙がったほか、他のネットユーザーからは校名のアイディアがツイートされています。


どのような名前になるのか、今後に注目です。

この記事を書いたユーザー

Toshiharu Satoh このユーザーの他の記事を見る

サラリーマンライターです。

権利侵害申告はこちら