動物によって睡眠時間が違っていますが、どれくらいなのでしょうか?

睡眠時間が長い動物

睡眠時間が長い動物には、コアラやナマケモノ、ライオン、リスなどがいます。この中で一番長いのはコアラとナマケモノでおよそ20時間となっています。ほぼ1日中寝ていることになりますね。ライオンはおよそ15時間、リスはおよそ14時間となっています。

睡眠時間が短い動物

睡眠時間短い動物には、キリンやゾウ、牛などがいます。キリンはおよそ2時間、ゾウはおよそ3時間、牛はおよそ4時間となっています。ほぼ一日中起きていることになりますね。

人間と同じくらいの睡眠時間の動物

人間と同じくらいの睡眠時間の動物には、ウサギやブタなどがいます。睡眠時間はおよそ8時間となっているので、人間と同じくらいですね。

睡眠時間の傾向

睡眠時間は肉食動物が長く、草食動物が短いという傾向にあります。睡眠時間に差が出るのはエサのカロリーが関係していると言われています。

この記事を書いたユーザー

Koo このユーザーの他の記事を見る

フリーのライターとしてさまざまなWebメディアの記事の執筆活動を行なっています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 音楽
  • スポーツ
  • 社会問題
  • テレビ
  • エンタメ
  • ファッション
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら