江田憲司が戦犯だという声の数々

この男さえ、自分の利害だけで動きすべてをぶっ壊さなければこんなことにはならなかったのに・・・・。

この3人の中では、渡辺氏はそこまで戦犯ではないと思う。
やはり、江田憲司であろう・・・。

江田憲司はなぜ戦犯なのか?

思い出して欲しい、この男が何をしたのか・・・。
まずは、みんなの党を飛び出し、分党したいとわがままを言い、それが通らないからといってみんなの党の秘密である渡辺氏の貸付金をパトロンに暴露させる。これにより、渡辺喜美氏が失脚、みんなの党を消滅に追い込んだ。

そして、その後当時の日本維新の会に近づき、橋下氏に取り入り、自分の意見を押し通し、保守派である石原グループを追い出し、自分がまんまとそのポジションに入り込み、いつのまにやら維新の党の代表へ、これにより、実務派の石原グループがいなくなった維新の党は橋下氏の暴走を許し、在日特権を許さない市民の会(以下在特会)を攻撃した結果在特会会長桜井誠氏と無意味な会談をして、橋下氏は支持を失っていくこととなる。維新の看板を失い、次世代という看板が浸透する前に選挙を戦う羽目になってしまった次世代の党もまた、多くの議席を失った。

第三極の2枚看板と言ってもいい2つの党、みんなの党をぶっ壊し、日本維新の会を分断し弱体化させた。その張本人は江田憲司この人なのである。

そして自分は余裕の当選・・・?

非難している方もそれなりにいるようですが・・・。
この男着々と知名度を上げましたからね・・・。
地元には基盤もありますし、そう簡単に落ちるわけ無いのに、小選挙区一本で負けることはほぼ無いのである。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス