上司や同僚、友人との忘年会は楽しいけれど、「飲み会が続くと体調管理が大変」「二日酔いがつらい」という人も多いのではないでしょうか?

楽しい年末を迎える前に、お酒の「適量」や二日酔いになりにくい「飲み方」など、二日酔い・宴会疲れ回避のための7つの心得をご紹介します

1.水分をとってから行く

最初の1杯をおいしく飲み干すために、午後から水分をとらないなど、無茶な人がたまにいます。実はこれがとても危険な状態です。お酒を飲むと体内の水分が失われ、脱水症状を引き起こします。

これを防ぐに、飲み会の前にペットボトル1本分ぐらいの水か麦茶などを飲んで水分補給しておきましょう。

2.空きっ腹で行かない

空腹の状態でお酒を飲むと早く酔うことは知られています。ほんの一口おやつを食べていくだけでも効果的です。

消化に時間がかかるたんぱく質を含む乳製品が良いとされています。

3.一気に飲まない

「とりあえずビール」や「乾杯のジョッキ」はもちろん、お酒を一気に飲んでしまわないこと。グラスが空くと勧められて自分のペースを守りにくくなりますから、ゆっくり飲みましょう。

4.酒1杯ごとにチェイサーを1杯飲む

お酒を1杯飲んだら、同じ量の水を飲む。これはとても効果がある方法で、脱水症状もかなり抑えられます。

アルコールには利尿作用があるため、たくさん飲んでも水分がどんどん排出されていき、ゴクゴク飲めてしまいます。一方、水には利尿作用はありませんからアルコールほどは飲めません。お酒を飲む間に水を一杯挟むだけで、脱水を防ぎ、アルコールを飲むペースも調整できるのです。

5.適量を守る

水を飲んでも、アルコールの量が多過ぎたら肝臓は処理しきれません。アルコール健康医学協会では、1回の飲酒の適量を純アルコールで20gとしています。

ビール 中びん1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
焼酎 0.5合(90ml)
ウイスキー ダブル1杯(60ml)
ワイン 2杯(240ml)

出典 http://www.kyoukaikenpo.or.jp

カクテルや梅酒はアルコール度数が高く、かなり強いお酒です。甘くて口あたりが良いので、飲み過ぎないように注意しましょう。

6.帰宅後に水分補給をする

脱水状態で寝てしまうと血液の中の水分も当然減っていますから、いわゆる「血液ドロドロ」の状態です。朝、明け方に脳血栓の発作を起こす人が多いのは、寝る前の水分補給が足りないことも一因だと考えられています。

家に帰ってきて、今にも眠ってしまいそうな状態でも、できるだけ水を飲みましょう。夜、トイレに起きるようなら、そのたびに水を1杯。「トイレが近くなるから」と飲まないのは危険です。

7.入浴は避ける

お風呂に入ると発汗するので、これも脱水に繋がります。もしどうしても入りたい場合は入浴の前と後に充分な水分補給を取るようにしましょう。

また、酔っていると浴室の中で転倒するなど事故にも注意が必要です。

以上を守って楽しい忘年会や新年会にしましょう!

この記事を書いたユーザー

たつや このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • マネー
  • インターネット
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス