時は、昭和30年代後半から40年代前半。
当時のCMは単純明快で、1度聴いたら耳にこびりつくものばかりでした。

小学校の登下校中に、皆で大合唱しませんでしたか?

懐かしのCMその1 明るいナショナル

出典 YouTube

懐かしのCMその2 ロート製薬

出典 YouTube

懐かしのCMその3 武田製薬

出典 YouTube

懐かしのCMその4 光る東芝

出典 YouTube

懐かしのCMその5 かっぱ黄桜

出典 YouTube

懐かしのCMその6 伊東に行くならハトヤ

出典 YouTube

懐かしのCMその7 マスプロアンテナ

出典 YouTube

懐かしのCMその8 パンシロン

出典 YouTube

懐かしのCMその9 マーブルチョコレート

出典 YouTube

懐かしのCMその10 ミツワ石鹸

出典 YouTube

いかがでしたでしょうか。
当時の思い出が走馬灯のように甦ったことでしょう。

最近のCMが、昔のCMほど心に響かないのは、何故なんでしょうかね…。

この記事を書いたユーザー

上枝まゆみ このユーザーの他の記事を見る

元大手結婚相談所のアドバイザー。大手の営利優先主義に疑問を持ち、個人で仲人業を始める。過去に大手興信所のカウンセラーも経験しており、婚活だけに突出せず恋愛や結婚、さらに離婚問題に対しても幅広い感心を持つ。娘が中学時代にひきこもりになったことで、「病み系」や「中二病」といわれる音楽や文学にも知識を広げている。その他、多方面にミーハー的関心を示すオバサマ。20代の頃に集英社『月刊コバルト』で短編新人賞佳作受賞。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス