どうも、こんにちは!
アメーバ編集局公式ライターのにっしーです!


今日はあなたに僕が最もおススメする
超簡単で本当に3分でできてしまう究極の料理を
教えちゃおうと思います。


ところで、あなたはTKGが好きですか?


卵かけご飯、略してTKG

僕は大好きです。

ごはんに卵をかけるだけであんなに
美味しいものができるなんて不思議ですよね!

でも、今回はその卵かけごはんを
さらに進化させてしまいます。

ヤバくないですか。

もともと美味しいものを
さらに進化させちゃうんですよ?


・・・ヤバいに決まってますよね。


味も食感も簡単さも、全てにおいてヤバいです。
もうヤバすぎて鬼です。


今日はそんな鬼やばい卵かけご飯の究極進化系を
早速作って行きましょー!

ちょっとヤバい3分クッキングの動画見つけた

出典 YouTube

それでは、3分クッキング、スタートです!!


まずはアレを用意・・・

卵かけご飯を進化させるんだから、
もちろん用意するものはこれ・・・

出典

卵かけ御飯ですね。


一応説明しとくと、ご飯に卵をかけます。

お好みで醤油を少したらすとグッドです。


ここまでは普通のたまごかけご飯を作る手順と一緒なので、

「私の得意料理はカップ麺です!」

なんて笑えない冗談をホンキで言ってくる、
料理超初心者の金髪ギャルでもさすがに大丈夫でしょう。


そして、ここまでできたら次はこのTKGに・・・




箸をぶっ刺します!

出典

そして、そのままグルグルと
卵とごはんが均一に全体に行き渡るように
かきまぜていきます

出典

全体がまんべんなく黄色くなったら準備完了!


さあ、ここからが本番です

さて、ここまでは普通にたまごかけご飯を
あなたが食べるときにいつもやっている行為そのもの。

いまだに、いたって普通のTKGです。


でも、今回のレシピの本番はまさにここから。

ついつい、お腹がすいて気づいたら口に入れてしまいそうな
美味しそうなたまごかけご飯に一手間加えます。

たったの一手間でTKGからは想像もつかない
究極の料理が生まれるので、
ここはよだれを吸って、お腹がすくのをグッとこらえましょう。

(まあ、ちょっとくらいのつまみ食いはOKです)

んで、ここで登場するのがコイツです

純正ごま油

出典

僕のお気に入りアイテムベスト5に入る、かどやの純正ごま油。

非常に香ばしく、段違いに風味が豊かなものに仕上がるので、
ここはケチってサラダ油なんて使わずに
豪快にごま油を使うことをオススメします。

さて、油を使うとしたら以下の2つ。

・食べるラー油みたいにご飯に油をかけるか
・加熱するか


もちろん、今回は・・・

男の料理の基本はFIREから

出典

純正ごま油をフライパンに敷き、FIRE!!!!!!!!!!!!


男の料理の基本中の基本、炒め物です。

先ほどのグッチョグッチョにかき混ぜた
火力MAXの強火でTKGを炒めます。

(グッチョグッチョがやらしい響きに聞こえるのは僕だけだろうか・・・)

さて、勘のいい人は
ここで何が出来上がるのか?

もう何となく想像がつくでしょう。


もし料理道なんてものがあるなら、
ここで気づいた人には料理道1級を授けたいくらいです。

出典

出典

出典

いよいよそれっぽくなってきましたね。

このときのコツとしては、
ご飯を「切る」ようにかき混ぜながら
炒めて行くことです。

でないとベタベタとした食感になって美味しくなくなります。

目指すは空気をごはんとごはんの間にたっぷりと
含ませ、パラパラとした食感を出すことですから。




ん?パラパラ?

ここまで言えば、もう分かりますよね?


べたべたのTKGがまさかパラパラになるなんて
誰も想像すらしていなかったでしょうが、
卵かけご飯の究極進化系、それは・・・










































「チャーハン」




です。


そう。卵かけご飯の究極進化系はチャーハンだったのです。

そして、ここで登場するのがコイツ

出典

鶏ガラです。

この鶏ガラを小さじ1〜2杯ほど
フライパンにぶち込みます。


「んなもん持ってへんわ!!」

とお怒りのあなたは、味覇(ウェイパー)でもかまいません。

それすらない場合は、塩だけでもいいですが、
かなり味気ないものになってしまうので
できればどちらかを買いに行ってください。


出典

さあ、いよいよ出来上がりですね。

見てください。
このまばゆいばかりに輝く黄金色のごはんを。

ちょっと昔のヤンキー風に言うなら

「マブイ」

と言うのでしょうか。


家庭ではムリだと言われてきた
チャーハンのパラパラ感を見事に再現しています。


今まで家で作る「焼き飯」がどうしてもベタベタと
ご飯同士がくっついてしまうことに悩まされ続けてきた人なら、
このヤバさがよ〜〜〜く分かるでしょう。


そして最後にお好みで塩とこしょうを振ったらついに完成です。

おあがりよ!(食戟のソーマ風)

出典

これぞ卵かけ御飯の究極進化系と言えるでしょう。


ご飯をパラパラにするコツとしては

・先にTKGを作ること
・火力をマックスにすること
・炒めるときにはなるべく空気を含ませるように混ぜること
・なるべく温かいご飯を使うこと

です。

本来、チャーハンを作る場合には
たまごをフライパンに敷いてから
ご飯を混ぜ合わせていきます。

しかし、僕の家みたいにIHだと
フライパンを前後に動かして、
ご飯を宙に舞わせることができません。

だから、仕方なくヘラで混ぜるしかないのですが、
それだとどうしてもごはんに卵がコーディングされる前に
ご飯同士がくっついてしまいます。

結果、ベタベタのチャーハンになってしまうと。

なので、まずご飯と卵を混ぜ合わせる。

これがキーポイントなのです。


そして、なるべく温かいご飯を使うのは、
フライパンを冷やしてしまわないため。

よく冷凍のごはんを使う人がいるのですが、
家庭の火力では普通にナベの底が冷えてしまいます。

だから、余計な水分を蒸発させることができずに
結果的にまたベタベタになってしまうんですね。


また、お好みでピーマンやネギなどの野菜も炒めることで
本物のチャーハンができあがります。

ただ、注意すべきなのは、
【ごはんと野菜を一緒に炒めないこと】


なぜなら、野菜の水分をご飯が吸ってしまって、
これまたベタベタになってしまうからです。

だから、野菜は別のフライパンで炒めるか
コンロが一個しかないなら、あらかじめ炒めておいて、
一度皿に取り出し、後からパラパラになったご飯に追加する。

こうすることで、
パラパラ感を損なうことなく
美味しいチャーハンができあがるのです。

出典 http://gutopi.com

うまくやれば、ガチのチャーハンも作れちゃう。



・・・かもしれません。

それでは、今日はこの辺で。

どうも、最後までありがとうございました!


アメーバ編集局公式コピーライター
にっしー

この記事を書いたユーザー

にっしー このユーザーの他の記事を見る

どうも、にっしーです。

東大生やりながらコピーライターやってます。
よろしく^^

権利侵害申告はこちら