中国雲南省・麗江古城からも見える霊峰「玉龍雪山」は、トンパ教の聖地と言われています。最高峰の扇子陡(せんすとう)は、標高5596メートル。富士山よりも高いのに、なんと頂上の手前8合目あたりまで、リフトと遊歩道が整備されているというお手軽さ。

北半球最南端の氷河を見に「玉龍雪山」に行ってきました。

出典世界遺産探険家

玉龍雪山(ぎょくりゅうせつざん、簡体字:玉龙雪山、拼音: Yùlóngxuě Shān、Jade Dragon Snow Mountain)は雲南省麗江市玉龍納西族自治県にある高山。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典世界遺産探険家

「玉龍雪山」は国立公園に指定されています。恐らくトンパ教のモニュメント・・・が入口。

出典世界遺産探険家

国立公園入口からバスに揺られて「玉龍雪山」の麓にやってきました。といっても、すでに標高は3356メートル。富士山が3776メートルですから、8.5か9合目位ですかね。

出典世界遺産探険家

ここからリフトで一気に頂上手前まで上がります。スキー気分です。
登れるのは「1日4000人限定」なので、早めに麗江を出発しましょう。また、天候に左右されやすく、突然運休になる事もあります。標高4000メートルなので、仕方ないといば仕方ないですね。。

出典世界遺産探険家

ここから1000メートル以上昇るので、かなり時間を要しますが既に絶景。氷河も見えてきました。(写真中央の白い雪の部分)

出典世界遺産探険家

北半球最南端の氷河です。

氷河(ひょうが、英: glacier)は、山地では重力、平坦な大陸では氷の重さによる圧力によって塑性流動する、巨大な氷の塊である。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典世界遺産探険家

4506メートル。富士山より高い山に来たのは初めてです。しかもリフトで・・・・

出典世界遺産探険家

外界を見下ろしてみますが、そもそも周りは標高3200メートル。高いという実感はイマイチですが、やはり他と比べると森林限界は超えています。

森林限界(しんりんげんかい、forest limit、forest line、tree line)とは、高木が生育できなくなる限界高度のことを指す。亜高山帯から高山帯に変わる地点でもある。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典世界遺産探険家

そしてここから更に徒歩で上を目指します。

出典世界遺産探険家

足が本気で重いです。

出典世界遺産探険家

しかし絶景。風は冷たいのですが、太陽が近いせいかジリジリと肌が焼ける感覚があります。というか熱い。

出典世界遺産探険家

まだ半分も来ていません。

出典世界遺産探険家

氷河を横目に登ります。

出典世界遺産探険家

なんと山小屋。レッドブルに金メダル(登った証拠らしい)に、絵葉書に酸素。とにかく高い。

出典世界遺産探険家

そこ立ち入り禁止区域ですよ。

出典世界遺産探険家

あと少し。頭も少し痛いし、体は倍の重さになったような気がして中々歩が進みません。旦那はスタスタ・・・・流石。

出典世界遺産探険家

遊歩道の最終地点に到着。4680メートルです。私史上最高地点です。それにしてもたった170メートル上がるのに、かなり時間がかかりました。私達はゆっくり歩いて登れましたが、実は、途中の階段ではぶっ倒れている人多数おります。酸素吸ってましたが、それより水を飲みましょう・・・・(酸素吸入は高山病対策に意味が無い、と言われています)

出典世界遺産探険家

お約束の写真撮影。「玉龍雪山」も中国の世界遺産「三江併流」に含まれている、という話もありますが、この世界遺産自体範囲が広すぎて、ユネスコのサイトを見てもよくわかりません。

ちなみに「玉龍雪山」は処女峰です。

三江併流(さんこうへいりゅう)は中国のチベット高原に源を有する三つの川、金沙江(長江上流部)、瀾滄江(メコン川上流部)、怒江(サルウィン川上流部)が雲南省北部のデチェン蔵族自治州及び怒江リス族自治州を平行に流れている1,698,400haに及ぶ地域で、その地域は14の保護された地域からなる。動植物層が豊かなことから、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

最高峰は扇子陡(せんすとう、Shanzidou)で、その山頂は標高5596mである。未だ扇子陡の登頂に成功した者はなく、処女峰である。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典世界遺産探険家

足取りは重いですが、外界に戻ります。

出典世界遺産探険家

玉龍雪山国立公園はとても広く、もう2ヶ所オススメポイントがあります!

この記事を書いたユーザー

遠藤まさみ このユーザーの他の記事を見る

■自己紹介
世界遺産を見る旅に出るため、脱サラから旅人に転職。
数百円の安宿から数万円の高級リゾート迄、年間100件近くの宿を渡り歩くホテルマニア。
世界遺産・ホテル・温泉・ビールが最早人生の旅人は、片言の英語と中国語を駆使して世界の何処かで生きています。

■プロフィール
T関連専門学校卒業後、オフィス機器メーカー・専門商社・コンサルティングファームと異業種を渡り歩く。幼少時から世界遺産が好きで、いつか世界遺産を巡る旅に出たいと胸に秘めつつも実行に移せず数十年。現在の夫と出会い意気投合し、世界遺産探険家として新たな人生を歩む事を決意。現在に至る。

2013年6月 車にて約2ヶ月半かけて日本一周。
2013年9月 世界旅行に出発
台湾・フィリピン・中国・ベトナム・カンボジア・タイ・マレーシア・シンガポール・ブルネイ・スリランカ・インドネシア 計11ヶ国滞在 54の世界遺産と9つの暫定リストを制覇。
2014年9月 世界旅行2年目突入!今年の目標は西アジアに辿り着くこと。

今年も世界遺産制覇目指してがんばります。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス