日本のマチュピチュと言えば、竹田城跡が有名ですが、雲海に浮かぶお城は他にもあります。また、マチュピチュを見るためには、気象条件や見る場所がとても重要です!!
一番有名な竹田城跡からご紹介します。

竹田城跡で雲海に出会う方法

出典 http://asago-navi.com

【雲海の発生しやすい条件】
竹田城跡周辺の雲海は、円山川から立ち上る霧によって発生します。よく晴れた早朝には、城跡の眼下に一面の雲の海が広がります。雲海は、以下のような条件を満たした時に発生しやすいと言われています。


【時期】
  9月~11月 ※2月末までは見られるが、晩秋が一番発生しやすい
【時間】
  明け方から午前8時頃まで
【条件】 
  1.湿度が高く十分な放射冷却があること
  2.よく晴れていること
  3.朝方と日中の気温の差が大きいこと
  4.風が弱いこと
【その他】
  但馬南部の濃霧注意報も要チェック

【雲海を見に行くときの3つの装備】
1.懐中電灯: 竹田城跡と立雲峡は電灯が設置されていません。これは絶対忘れられません。
2.雨合羽: 雲海は水蒸気の固まりですので、雲の中に包まれてびしょ濡れにならないように。
3.防寒具: 朝グッと冷え込むときに発生しやすいので、防寒具は必須です。

備中松山城で雲海に出会える方法

出典 http://www.city.takahashi.okayama.jp

【雲海が発生する条件】
雲海に浮かぶ備中松山城は、大松山展望台で見ることができます。

【時期】
9月下旬~4月上旬の明け方から午前8時頃。特に10月下旬~12月上旬の早朝には濃い朝霧が期待できます。

【時間】
早朝に天候がよく、朝方と日中の気温の差が大きい日。天気予報を見て、「晴れ予報の日」「最低気温が低い日」を狙うと可能性が高い。

【注意事項】
展望台周辺では野生猿(国指定天然記念物)と遭遇する可能性がありますので、野猿を興奮させないように落ち着いて対処する。
また、12月から2月末まで雪が積もることがありますので、ご注意を。

越前大野城で雲海に出会える方法

出典 http://www.city.ono.fukui.jp

【雲海が発生する条件】
11月ごろが最も雲海に浮かぶ大野城が出現するようです。

【時期】 10月から4月末ごろ
 11月ごろが最も雲海に浮かぶ大野城が出現するようです
 2013年11月~2014年4月の間で雲海が確認できたのは9回
 ・11月4回
 ・12月1回
 ・1月2回
 ・3月1回
 ・4月1回
※真冬は雪が積もります。登り口にたどり着けないこともあります

【時間】 明け方から午前9時ごろまで

【気象条件】
・前日の湿度が高いこと(前日に雨が降った日など)
・前日の日中と翌日朝方の気温差が大きいこと(放射冷却現象が起こるような日)
・風が弱いこと

【準備が必要です】
・懐中電灯や登山用のヘッドランプ
 暗いうちから山道を歩くときは明かりを準備しましょう。暗い山道を明かりなしで歩くことは危険です
・雨ガッパや防水性のある防寒服
 夜露などが落ちてきます。明け方冷え込むときは、とても寒いです
・携帯ラジオやクマ鈴
 クマやイノシシなどの動物に遭遇する可能性があります。音が鳴るものを身に着けて登りましょう

雲海が発生する条件は、結構項目が多く、過度の期待をしてしまうとがっかりする可能性もあると思います。
そして、野生の動物に遭遇することもあること、防寒対策など、きちんと正しい情報を知る必要があると思いました。
これらをきちんと知った上でそれぞれの場所に行けば、ステキな光景を目にするでしょう。

この記事を書いたユーザー

RIKA このユーザーの他の記事を見る

美しいもの、本物に触れていると、心身ともにキレイになれると思っています♡
普段はアート系ライターや読者モデルもしています。
大好きな美容やファッションの他に、日本の伝統工芸・文化の美しさ、絶景、アートや音楽など、美しいものをたくさん発信したいと思っています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス