人種や年齢に関係なく全ての人間に必要な行為:睡眠

人間が生きていくうえで、食欲や性欲と並んでか、あるいはそれ以上に大切ともされていることに睡眠があります。
ヒトだけでなく動物にも同じことがいえる、生き物としては当然の行為です。
つまり生きるために必要なことは、人種や言語にも関係がないということ。

では、その寝姿や寝顔、スタイルや場所には一体どんな違いがあるのでしょうか?
今回は、そんな世界中で撮影された『人々の眠る姿』を一挙にご紹介します。

自分のスタイルと比べてみても興味深いかもしれません。

国によって場所も格好も違う様々なスタイル

ベンチで昼寝をする人、車の中で眠る人、道端、倉庫、電車のなかetc…
なかにはただ酔っぱらっているだけ?と思えるようなシチュエーションまで実に様々なものでした。
ほとんどが公共の場所で撮影されたものですが、その場所やスタイルは異なれど、やっぱり寝顔はどこのどんな人も穏やかで、安らかな表情。

あなたの寝姿がどんなものかはさておき、今夜はぐっすり眠れるといいですね。

この記事を書いたユーザー

ODACHIN このユーザーの他の記事を見る

ドイツとHouseが大好物なフリーライター。着付けとドイツ語を習得中。
主に海外発のニュースを配信しています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス