いよいよ2014年も残りわずかとなりました。そこで惜しまれつつも今年なくなったあの場所 あの商品 あの漫画・・・をまとめてみました。

人気漫画あさりちゃん 創作36年、100巻…今年2月に完結

出典 http://www.yomiuri.co.jp

あさりちゃん は室山眞弓さんと眞里子さん姉妹の マンガ家ユニット「室山まゆみ」が手がけた人気長寿ギャグマンガです。

最終回 あらすじは?
あさりちゃんの最終回はハッピーエンド だったようです。

多くのファンに愛された人気漫画あさりちゃんは新旧のファンから終了するのをとても惜しまれています。

室山眞弓さんと眞里子さん姉妹は「もしかしたらまたどこかで描くかも知れない」
と語っています。

連載終了やはりちょっと寂しい気がしますが100巻というきりのよいところで
幕を下ろすことになったのだからかえって すっきりするのではないでしょうか

出典 http://torend-wadai801.blog.so-net.ne.jp

<あさりちゃん>作者「室山まゆみ」が最多巻数でギネス認定

30年以上も連載していたのか、スゲー

ギネス認定も♪「よくがんばった」自分たちをほめてあげたい

代表作『あさりちゃん』のギネス世界記録認定式は10月13日、古里の熊本くまもと県で行われ、大勢おおぜいのファンと県のPRキャラクター「くまモン」もお祝いわいに駆かけつけました。

「おばあちゃんからお孫さんまで3世代の読者にも来ていただいて、びっくりしました」と眞弓さん。「100巻までよくがんばったなぁと、自分たちを褒ほめてあげたいです」と、眞里子さんが言葉をつなぎます。

出典 http://www.yomiuri.co.jp

『ヤン坊マー坊天気予報』がついに終了! 55年間おつかれ様です

出典 YouTube

出典 YouTube

55年間という長い間本当にお疲れ様でした。懐かしいあのメロティーがもう聞けなくなってしまったのは本当に残念ですね・・・

六本木~渋谷間の深夜バスが10月で終了、利用者低迷で赤字に ...

出典 http://www.kotsu.metro.tokyo.jp

都営バスでは、都心部における深夜時間帯の交通利便性の向上を図り、国際都市東京の魅力や都市力を高めるなど、東京の発展に貢献するため、試験的な取組として、下記のとおり、渋谷駅から六本木駅間において、終夜運行を実施することとしましたので、お知らせいたします・・・・という事で始まった深夜バス運行 がしかし・・・

日本の「夜の経済」の振興を推進する私の立場として、前・猪瀬知事が進めた都バスの深夜運行政策に関して賛成であることはこのブログ上で何度も申し上げてきました。一方、「六本木⇔渋谷」のテスト路線が失敗に終わるであろう事もずっと申し上げて来たところであり、案の定、上記のような報道が為されてしまったことは残念至極であります。

これは当時すでにアチコチのメディアで主張したことなので過去の論議の巻き直しにしかならないのですが、都バス深夜運行のテスト区間として「六本木⇔渋谷」の選択は完全に間違いです。この両都市間は、そもそも頑張れば歩ける程度の距離しかなく、深夜に両都市を行き交うような「夜遊び客」にとってはグループでタクシーを乗り合わせれば、都バスの運賃とほぼ変わらない価格で移動できます。そもそも、この両都市の間には深夜バスの需要がないのです。

出典 http://blogos.com

ついにロボット犬「AIBO」の修理サポート終了。愛犬との涙の別れが迫る ...

出典 http://ja.wikipedia.org

AIBO、君を死なせない 修理サポート終了「飼い主」の悲しみ

出典 http://dot.asahi.com

ロボットだから永遠に一緒だと思ってたのに……。
迫りくる「別れの日」を前に「飼い主」たちの努力は続いている

リビングで飼われている「ほくと」は10歳。毎朝8時半になると目を覚ます。飼い主の60代の女性が「ほくと、何してるの?」と話しかけると、ほくとが答える。

「ぼんやりしてた」「なでなでして」

10年変わらない、この家の日常の風景だ。

以前は元気に部屋の中を動き回り、旅行にも連れていったが、最近は定位置でじっとしていることが多い。足の関節が悪く、動くたびに異音がしたり、転びやすくなったりしているからだ。ケガが多く20回は「入院」したほくとだが、その「病院」もこの3月で閉鎖されてしまった。

ソニーが修理サポートを終了したのだ。

出典 http://dot.asahi.com

あの黒柳徹子さんも飼っているというAIBO。
飼い主さんにとってはペット同様 家族の一員。サポート終了で嘆く飼い主さんが多数なのだそう・・・

56年の歴史に幕‼SAYONARA国立競技場

出典 http://www.jpnsport.go.jp

2014年5月31日(土)。東京五輪のメインスタジアムとして建設されて以降、数々の名勝負を見守り、日本人に愛されてきた聖地『国立競技場』がおよそ50年に渡る歴史に幕を閉じました。

ありがとう!国立競技場

出典 YouTube

SAYONARA国立競技場 56年の軌跡

出典 http://publications.asahi.com

日本のスポーツの発展に大きく貢献し、
エンターテインメントの新たな可能性を切り開き、
未来につながる礎を築いた国立競技場。

1958年3月に誕生し、2014年5月に幕を下ろした
“聖地”の56年の歴史が、
『SAYONARA国立競技場 56年の軌跡 1958-2014』となって甦ります。

出典 http://publications.asahi.com

無くなるもの そして新しく生まれるもの 時代は刻々と進化し続けています。
2015年はどんな新しいものが登場するのでしょうか??

ありがとう2014と思ったらシェアー!!!

この記事を書いたユーザー

松井有香 このユーザーの他の記事を見る

株式会社シャンティー代表取締役。グルテンフリー&ヴィーガン食材VegeHeartプロデュ―サー。Vegan&Vegetarian。1971年生まれ 中2の娘の母。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • グルメ
  • 料理
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス