かつて、大銀杏の色づきとともに大変な賑わいをみせた鎌倉を代表する名刹、鶴岡八幡宮。
しかし、鎌倉のシンボルとも言えた大銀杏は、2010年に強風で倒れてしまいました。
それでも、大銀杏無き現在でも、ここ鶴岡八幡宮では毎年この時期魅力的な木々たちが秋を彩っています。
現在も見ることができる、鶴岡八幡宮の紅葉をご紹介します。

源氏池に浮かぶ旗上弁財天社の紅葉

いかがですか?
源氏を象徴する白の旗と、紅葉の赤が見事なコントラストで観光客を迎えてくれます。

静御前の伝承が残る、舞殿横の銀杏

源義経ゆかりの人物、静御前がこの場所で舞ったという伝承の残る、舞殿。
その横には、大銀杏に負けない立派な銀杏の木があります。
数百年後、この銀杏がかつての大銀杏を凌ぐ大木になる日が来るのかもしれません。

鎌倉国宝館の周囲も紅葉スポット!

鶴岡八幡宮敷地内にある鎌倉国宝館。
その周囲も、見逃せない紅葉スポットです。

紅葉。

銀杏。

鎌倉で、遅い紅葉を楽しもう!

いかがでしたか?
鎌倉の紅葉は全国的にも遅く、例年12月中旬まで見頃となります。
皆様も是非、秋の鶴岡八幡宮で紅葉を楽しんでみませんか?

この記事を書いたユーザー

渡部洋一 このユーザーの他の記事を見る

ご覧いただきありがとうございます。

旅行が好きです。
国内外問わず、有名な観光地から初めて名前を聞くような小さな村まで、お金と時間の都合さえつけばカメラを持ってどこにでも行ってしまいます。
特にアジア各国を1人で歩くのが好きで、バックパックを酷使し今使っている物で4つ目、カメラはインドで修理しましたが、体はまだ壊れません。

撮影は主にNikonのデジタル一眼レフD7000を使用しています。
世界中の素敵なスポットを皆様にご紹介できたらと思っています。

また、記事更新をTwitterでもお知らせしますので、
https://twitter.com/dubu_yoichi
をチェックしていただけると嬉しいです。
フォローも大歓迎です。
写真ブログもやっています。 http://midnightexpress1.blog.fc2.com 「深夜特急がバイブルすぎる男の旅写真ブログ」。ご連絡もブログ経由でお願いいたします。

よろしくお願いいたします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス