Twitterで富の分布図が話題になっているようです。

たしかに人が少ないのかもしれません・・・。

中国も沿岸部に集中していますよね。
山岳部はチベットやウルグイなので、もしかしたら富を沿岸部に吸いだされているだけなのかもしれませんが・・・。
虐殺問題や人種差別人権が問題になる中国だけに非常に興味深い結果となりました。

注目すべきはインド!?

アメリカ、中国、ロシアのトップ3とも言える大国の色にはムラがあり、どちらかと言うと国土の広さと人の多さで富を独占しているように映る部分がありますが、EUや日本と同じ形で分布がムラが少なく広がっている上になんと人口は中国の次に多く割りと広い国土を持つ国が有ります。
最近未来の大国として注目されつつあるインドです。
ここ20年間で人口は約倍に膨れ上がり、着々と中国の人口に追いつきつつ有り、経済力を付けて来ているインド、このインドは日本型といいますか、全体的に富がうまく分布している様子が上の図からもわかるかと思います。

同じように人口は倍近くに膨れ、現在人口で5位につけるブラジル、こちらも新興国の中では注目されている国ですが、こちらは上の3大国同様沿岸部に富が集中しています。
GDPでは現在10位で先ほど比べたブラジルよりも低く、日本の半分以下のインドですが、このままうまく分布したまま上がっていけば、人口計算で単純に考えると日本の10倍近い能力があることになります。

EU各国や日本は国土が狭い、そんな悩みも有り、アメリカやロシア、そして、急成長している中国に負けてしまっている部分もありますが、そこそこ国土も広くうまく富が分布しているインドこそ今後の世界に欠かせないものとなるのかもしれません。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス