先日、折り畳んでベルトに出来るキックボードをご紹介しましたが、今度はなんと折り畳みの電動スクーター!

「Impossible(不可能)」と名付けられたそのスクーターは、名前とは打って変わって、リュックに折り畳んで収納することを可能(Possible)にしたんです。

Impossible(不可能)

出典 https://www.kickstarter.com

「Impossible」は、米国のクラウドファンディングサービス「Kickstarter」にて、カナダと中国に拠点を置く「Impossible Technology」が現在資金調達中のプロダクト。既に金額的には達成していて、かなりの資金が集まっているようです。

組み立てはとっても簡単な4ステップ

出典 https://www.kickstarter.com

1.まずはロックを解除

出典 https://www.kickstarter.com

2.そして組み合わせます

出典 https://www.kickstarter.com

3.引っ張って長さを調節して

出典 https://www.kickstarter.com

4.サドルを置いて、タイヤを出して、ロックしたら、はい完成

カラーは白と黒の2種類で展開予定

出典 https://www.kickstarter.com

ホワイト

出典 https://www.kickstarter.com

ブラック

気になる強度やバッテリー、速度や重量は?

重さはなんと5kg以下。それでも85kgの重さまで耐えられる強度の秘密は、カーボンファイバー。メイン素材に使用しているカーボンファイバーで軽量化も実現しています。バッテリーにより最大時速20㎞で走ることができ、バッテリーも45分間もつそうです。

出典 YouTube

来年8月には販売が予定されている「Impossible」。日本だと電動スクーターだからバイク扱いになるのかな?道路交通法的にどうなるのかは分かりませんが、発売が待ち遠しいですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス