毎日使う生活必需品が壊れてしまったとしても、修理の人を呼んだりする暇もお金もない・・・・・・、そんな時ってありますよね。でも心配無用!今回ご紹介するアイデアを利用すればしっかりと応急処置できるはずです。

その1 インターホンが壊れたら

インターホンが壊れてしまった時につかえるこのアイデア。紙にはこう書いてあります。
「ドアベルがなくなってしまいました。なのでとりあえず石ころが入ったボトルを置いときますのでそれを振って音を鳴らして呼んでもらえますか?」
家の周りがめっちゃ静かだったら気づく・・・かな?

その2 時計の文字盤が壊れたら

文字盤の一部がかけてしまったとしても、まだ秒針部分は生きてる!ということで欠けた部分はお絵かきで補修。

その3 シャワーヘッドが壊れたら

缶にたくさんの穴を開ければシャワーヘッドの完成。もともとあった物よりもいいかもしれませんよ?

その4 運転席が壊れたら

出典 http://www.awesomeinventions.com

もう、お気に入りの椅子を設置しちゃおう!結構快適かもしれません。

その5 チーズのグレイターが壊れたら

出典 http://www.awesomeinventions.com

ほら、デスクトップのパソコンはある人はスクリーンの横か足元にこれ、あるでしょ?固めのチーズを使うようにしてください。

その6 コンロが壊れたら

出典 http://www.awesomeinventions.com

コーヒーメーカーを使ってホットドックを作ろう!

その7 イスの脚が壊れたら

そうか、ジャックダニエルの空き瓶を使えばよかったんですね。なるほど。

その8 給湯器が壊れたら

出典 http://www.awesomeinventions.com

寒い冬に温かいお湯が出ないシャワーなんて…あ、シャワーの根元を温めてお湯に帰ればよかったんですね!そうか!

最後に

いかがでしょうか?みなさんも同じような事件が自宅で起きてしまったら、是非これらの応急処置使ってみてくださいね!

この記事を書いたユーザー

チオリーヌ このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(lovely-world-house.com)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(chioline.com)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス