犬種による尻尾の違いがあります

犬の種類は過去150年間において爆発的に増加し、結果として犬のしっぽにも犬種それぞれの個性が生み出されました。

ジャーマンシェパードやゴールデンレトリバーなど、外見が比較的オオカミに近い犬種では、しっぽが長く垂れているのに対し、パグやブルドッグのような小型犬の中には、くるっとカーブを描いた短いしっぽを持っているものもいます。

出典 http://www.koinuno-heya.com

揺れるイヌのしっぽから読み解くサイン

犬の行動や心理は尻尾からある程度は読み取れます。
ですが、尻尾が短い犬種や断尾された犬の場合どうなのでしょうか?

尻尾のないボストン・テリア

出典 http://www.nationalgeographic.co.jp

しっぽのないボストンテリア(写真)などの犬種は、体の別の部位でコミュニケーションを図る。カリフォルニア州で撮影。

尻尾が短いとコミニケーションの幅が狭ばっている?

人間の最良の友であるイヌは主にしっぽで気持ちを表すが、それを持たない犬種はどのようにコミュニケーションを図っているのだろうか?

 今回は、犬種や事故、見栄えを良くするための断尾によってしっぽを持たないイヌが他のイヌや人間と問題なくコミュニケーションをとれるのか、イヌの専門家モニク・ユーデル(Monique Udell)氏に話を聞いた。

 フロリダ州ゲインズビルにあるフロリダ大学のイヌ認知・行動研究所(Canine Cognition and Behavior Lab)を創設したユーデル氏は、「(しっぽの有無が)彼らのコミュニケーションに影響を及ぼすことは間違いない」と語る。

 例えば、しっぽを切られた犬やしっぽが短く丸まったパグなどの犬種は、長いしっぽを持つイヌに比べて表現の幅が狭まってしまうという。

 しかし幸いなことに、体の他の部位を使って感情を表現することも可能だ。

出典 http://www.nationalgeographic.co.jp

しっぽの短いパグ

出典 http://inublog.com

尻尾の「意味」を解読。尻尾を巻き込むときは?

イヌは服従を示す際にしっぽを体の下に巻き込むが、「生殖器部を隠す目的もあるため、コミュニケーションだけでなく実用的な面もある」とユーデル氏は言う。

 相手のイヌをまだ信頼できていないとき、イヌはしっぽで生殖器部を覆う。彼らは別のイヌの情報を肛門部にある臭腺から嗅ぎとるため、その部位を露出させているかどうかが信頼の物差しになるのだそうだ。

「(このような状況下で)しっぽをたくし込む動作は、人間が腕組みをして距離をとるようなもの」とユーデル氏。

 しっぽ振りも忘れてはならない。ユーデル氏は「振り方にも種類がある」と言い、必ずしも好意を示すものではないと説明する。

 しっぽの力が抜けていて、熱狂的に円を描くように振られている場合は友好的ではしゃいでいることを意味する。一方、ゆっくりと控えめに振られ、体が緊張している場合は人間や他のイヌに対して「近寄るな」とサインを送っているのだという。

出典 http://www.nationalgeographic.co.jp

尻尾が長いと喧嘩が減る?尻尾で取るコミニケーションは大切なようです

尻尾の種類

出典 http://www.koinuno-heya.com

なお、犬のしっぽの長さとコミュニケーション能力に関しては、ブリティッシュコロンビア大学の心理学教授、スタンレー・コレン氏が実験を行っています。

実験では、しっぽのある犬(15センチより長い, 全体の76%)としっぽのない犬(15センチ以下全体の24%)とが観察対象になり、合計431件の犬同士のコンタクトが記録されました。

 その結果、しっぽのある犬がかかわった攻撃的接触の件数として12件が観察されます。しっぽのない犬はしっぽのある犬のほぼ1/3であるため、単純計算では発生件数も1/3の4件程度になるはずです。しかし実際は、本来適正と思われる数値の6倍以上となる、26件という驚くべき回数が観察されたのです。

 こうしたデータからコレン氏は、犬同士のトラブルは、しっぽによって相手の犬に適切なメッセージを送ることができなかいときに起こりやすくなるという結論に至っています。
 このような事実からも、犬種標準の意味や犬種標準に合わせて断尾してしまうことの意味を、あらためて考えたいものです。

出典 http://www.koinuno-heya.com

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

断尾されることの多いコーギー

犬種によって飼い方を学ぶことが大切

 イヌは極めて多様なため、自分が飼っている犬種のコミュニケーション方法を理解すれば大量の情報が得られる。

 イヌは「飼い主のことを一日中観察しているからこそ、私たち個人に対して敏感に反応することができる」とユーデル氏は語る。「私たちも同じようにイヌを観察すれば、興味深いことがたくさん学べるはずだ」。

出典 http://www.nationalgeographic.co.jp

犬のしぐさに意外な意味がありました!

●尻尾を振りながら突然目をそらすのは

予想外の喜びが発生した際に出るしぐさです。
犬にとっては嬉しくてたまらないのですが、自分の喜びの気持ちをコントロールするために
あえて目をそらすケースが多いです。
一概に嬉しいということばかりではありませんが、苦手なことの場合も目をそらします。
見極めは尻尾を振っているかどうかで確認してください。


●人間同士がはしゃいでいると飛びついてくるのは?

犬にとって一番の喜びは飼い主も自分もいつも楽しく仲良くいたいという心理です。
人間の喜びというのは、ふとしてみると表現やアクションが関わってくるために
犬にとっては喧嘩をしているのだという認識で見ているのです。
たとえ抱き合って喜んでいても、犬はそれを喧嘩と判断します。
試しに、犬のいる前で近くにいる家族に声をあげながら頭をペンペン叩くしぐさをしてみてください。
おそらく犬はあわてて向かってくるはずです。
これは犬が喧嘩を仲裁するというしぐさなのです。


●ずっとおとなしくしていたのに突然鼻をかきはじめるのは?

犬の基本的な性格は自己中心的です。
つまりいつも自分がそこの場の主人公でいて注目をひいてほしいと思っています。
鼻をかくという行為は、後ろ足でかく場合と、前足でかく場合があります。
前足でかくしぐさは、構って欲しいというあらわれです。
逆に後ろ足でかく場合は、ご飯の後などで満足感が味わられた後によく出るしぐさです。


●犬のあくびのしぐさとは?

人の口論や議論は、犬にとっては退屈というわけではありません。
ただ、犬は楽観主義です。
楽しいことや仲良くすることが大好きな動物で、もともと争いごとは好きではありません。
犬のあくびの意味には、退屈なときもありますが、人の興奮を落ち着かせる意味も備えています。
本当に退屈してあくびをしたり、眠くてあくびをすることもありますが、個々の状況で判断してくだ

出典 http://vita-animal.jp

犬は楽観主義なんですね!

この記事を書いたユーザー

ねここねこ このユーザーの他の記事を見る

「りらっくすねいちゃー!」(http://relaxnature.blog.jp/)という動物の、
面白かったり、可愛かったり、大自然だったり、
という動画や画像を海外の反応を交えてお送りするブログを運営しております

権利侵害申告はこちら