え?うどんの発祥って讃岐じゃなかったの?

福岡は「日本のうどん発祥の地」とされる。承天寺(福岡市博多区)には「饂飩蕎麦(うどんそば)発祥之地」の石碑がある。讃岐うどんなどと異なり、軟らかくゆでた麺を提供する店が多い。

出典 http://blog.pasta-man.com

丸天、ごぼう天をのせたうどんが定番の博多うどん。

博多はうどん伝来の地といわれる。諸説あるが、日本に麺をもたらしたのは聖一国師(圓爾)といわれている。圓爾は嘉禎元年(1235年)に渡宋して径山寺で仏教を学び、仏の教えと共に多くの中国文化を身につけて仁知二年(1241年)に帰国。寛元元年(1243年)までの2年の間博多にとどまり、承天寺を開いて布教活動を行ったが、その際に麺や饅頭といった料理を博多にもたらしたといわれている。

福岡市民に愛されてる地元のうどん店

うどんを提供するのは「釜揚げ牧のうどん」(本社・糸島市)。スタートから25・1キロの給食所で、プラスチック容器に入れた麺とだし汁をランナーに配る。

博多うどんの特徴とは

博多のうどんは、麺にコシがなく柔らかい。牧のうどんはさらに製法が特殊なため、麺が出汁をどんどん吸い込んで伸び、ゆっくり食べていると見かけの麺の量が増えてしまう。したがって「食べても食べてもなくならない魔法のうどん」とも言われ、牧のうどんではスープ(この店ではかけ出汁を「スープ」と呼ぶ)のお代わりは自由である。店員にかけ出汁のお代わりを頼むと、「スープ」の入ったやかんが出される。

走りながら、はしを使わずにのみ込めるように、知恵を絞った。一口で食べられるよう麺は1本。長さ約60~65センチ、重さ約25グラムにした。走りながら消化しやすいよう、ゆでる時間にも気を使う。牧のは軟らかい麺が特徴だが、店一番の「軟(やわ)めん」の45分からさらに10分長くゆでることにした。

マラソン専用うどんってどんなもの?

味も通常のだし汁は、ランナーには塩辛すぎてのどが渇く。だが塩味を薄めすぎるとおいしくないし、塩分を補給できない。味見を繰り返し、しょうゆを減らしつつ、こんぶとかつおだしの甘みが引き立つ味にたどり着いた。

出典 http://blog.livedoor.jp

ランナーたちにも大好評だった。

この記事を書いたユーザー

のーまん このユーザーの他の記事を見る

公式ライターをしながら、アフロペンギンというキャラクターを描いたり、green drinks kawasakiというコミュニティを作ったり、norman.jpというブログサイトやったりしてます。

権利侵害申告はこちら