ケンちゃんボールペンで芽生えた”非売品”への憧れは、未だに霞むことはありません。

今回は、懸賞好きでなくとも、一度は応募したことがあるのでは?と思える『懐かしの懸賞商品』を集めてみました!

懸賞の世界に導いてくれた『ケンちゃんボールペン』

出典 http://ochimon.blog.shinobi.jp

左に鎮座していらっしゃるのがケンちゃんボールペン。欲しかったな~。

1988年に発売されたケンちゃんラーメンの中にあるスクラッチクジで当たる商品。『ケンちゃんボールペン』を筆頭に、『ケンちゃん変身消しゴム』『ケンちゃんビックリカードペン』『ケンちゃんスライドパズル』『ケンちゃんレーシングカー』などが商品にありました。とにかく当時は大人気で、地味だった同級生の大嶋君が当選し、一躍人気者になったのも良い思い出。もちろん僕は当たりませんでした。(泣)

出典 YouTube

懐かしいカップ麺と言えば、加トちゃんケンちゃんこと、志村けんが絶大な人気を誇っていた頃に発売したケンちゃんラーメンがあげられるでしょう。常にTVでは「ケンちゃんラーメン新発売!」でCM放送されていたことが有名であり「いつまで新発売なんだよ!」と突っ込んでいた小学生は多かったはず。1988年の発売より8年間も新発売と言い続けた商品は後にも先にもケンちゃんラーメンだけだと思われます。封を開けると中にスピードくじが入っており、当たりが出ると色々な景品がもらえたこともあり、当たりが出るまで沢山のケンちゃんラーメンを買った子供も多かったようです。

出典 http://www.natukashi-mono.com

何が何でも欲しかった『ヤキソバン寝袋』

日清やきそばUFO!あざやかヤキソバンプレゼントキャンペーンにて、Aコースは『あざやかヤキソバン一輪車』Bコースは『あざやかヤキソバン変身寝袋』が商品でした。ちなみに、その後、『ヤキソバンスーパーファミコンソフト』や『ヤキソバンスーパーテント』なども懸賞の商品になったのですが…やはり変身寝袋だけは別格でした…。

出典 http://www.mechatoku.com

こうやって見ると”いらない感”が半端ないですが…当時どうしても欲しくて、UFOを家族みんなで食べまくった記憶があります。(CMではかなり細身だったのに…)

CMを見れば…欲しかった当時の熱意が蘇る!?

出典 YouTube

なぜ当たらない!?自分の運のなさに絶望したジョージア『やすらぎパーカー』

出典 http://www5b.biglobe.ne.jp

この応募ハガキすら品薄になってるほど人気でした。

1995年「ジョージア“やすらぎパーカー”プレゼント」で発表された『やすらぎパーカー』。応募総数がなんと”34350152通”という記録を達成し、当時、日本における消費者キャンペーン(一般懸賞)の中では過去最大規模の応募総数となった商品。ちなみに、これがどうしても欲しくて、近所の自動販売機のゴミ箱から、ジョージアの空き缶を見つけ、せっせとシールだけをはがすという作業を行い、どうにか100通近く応募したのですが…当たらず。自分の運のなさを恨んだ記憶に残る懸賞でした。

このCMを見て『欲しい!』と思わないはずがない…

出典 YouTube

ようやく当選した思い出の逸品!『ボスジャン』

出典 http://zigsow.jp

これは何代目のボスジャンなのかな。よくわりません。

最初に登場したのが1994年。「ボスジャン'94」プレゼントキャンペーンは応募総数920万通を超えるというとんでもない応募総数でしたが、ようやく運を掴みボスジャンをGET!たしかに2代目だったと思いますが、あの嬉しさは今でもハッキリと覚えています。素材はたしか、サテン生地でペラペラだったけど、嬉しくて毎日着てましたね。

ボス電に応募した人も多かったのでは?

サントリーの缶コーヒー「BOSS」のキャンペーンで用意されたボス電。左がP501iベースの初代ボス電(1999年)右がP209iSベースのボス電2(2000年)

出典 http://www.itmedia.co.jp

当時、近所のリサイクルショップで10万円近くで売っていたボス電。当選本数は2万個だったらしいのですが、応募総数は560万通だったらしいので、そりゃ当たらないわけですね。

これがあればオシャレな部屋になると思ってた!ペプシ『プレミアム ディスペンサー』

2000年に「PEPSI プレミアムディスペンサー」が合計20000名様(10週連続、各2000名様)に当たったクローズドキ ャンペーンの商品。60年代のアメリカを彷彿させるクラシカルな雰囲気のドリンクサーバーで、これがあれば絶対にオシャレな部屋になると思い死ぬほどペプシを飲んだのですが…当選しませんでした。

ペプシと言えばボトルキャップ!その中でも絶大なる人気だったのが『スターウォーズEP1 ボトルキャップステージ』

1999年に『Wチャンス ボトルキャップコレクションステージ』にて当選したスターウォーズEP1 ボトルキャップステージ。当時、スーパーには山のように積まれたペプシの首に、青い袋がかけられており、その中に52種類のボトルキャップが入っていたんですが、現在のように中身が見えているような優しい仕様ではなく、全く見えない仕様だったので、スーパーの一角で袋をモミモミしながら、欲しいボトルキャップを探す人がたくさんいました。

画像、右から三番目のキャラは比較的、手探りでわかるのですが、右から2番目の小さいキャラの判断が非常に難しく、『ペプシすげぇな』と感心した記憶があります。また、人生史上、最もペプシを飲んだのもこのキャンペーン時です。

サッカーに興味はなかったけど欲しかったキリン『勝ちT』

2002年にスタートした勝ちTプレゼントキャンペーン。応募総数が最高で7000万口を超えたこともあるとのこと。ちなみに、初代キャンペーンの2002年に応募し見事一発でGET!しかし、なぜか、ピカチュウのデザインだったので着ることなく押入れに保管したのですが、そのまま帰らぬ勝ちTに。

CMで虜になってしまったキリン『生茶パンダ』

シールを集めてウェブで応募という当時としてはかなり画期的だった『生茶パンダ プレゼントキャンペーン』。どうしても欲しくて、ヤフオクで『絶対に当たる攻略法』という怪しい情報を購入するも、見事に騙された思い出の懸賞。

出典 YouTube

『た~らこ~た~らこ~』でお馴染み!存在感が半端ではないキューピー『MP3プレーヤーこと 抱き枕』

2005年の夏に行われたキャンペーンの商品で抱き枕なんですが、『たらこキユーピーMP3プレイヤー』と題されており、その理由は、お腹を押すと、あのおなじみのテーマソングが流れてくるという仕様だった為のようです。存在感もかなりあり、ヤフオクでも新品未使用で5万円を超えていた記憶が。なお、言うまでもなく当たりませんでした。

脳内で繰り返される『た~らこ~ た~らこ~』

出典 YouTube

記憶に残る懸賞商品を集めてみましたが、当時は現在のようにネットで簡単応募なんてものはなく、必要事項を明記のうえ切手を貼っての応募という…まさに涙ぐましい手作業でした。しかし…だからこそ、当選すれば喜びは計り知れず、今でもハッキリとあの記憶が頭に残っているのでしょうね。以上、独断と偏見で選ぶ懐かしの懸賞商品10選でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら