出典著者

人々が足早に行き交う東京都渋谷に、異空間カフェがある。
北海道を彷彿する、ゆったりとした時の流れと風と味
「カフェ マメヒコ」

現在、世田谷区三軒茶屋、渋谷区宇田川町、渋谷区公園通りに店舗を構えるお店。
メニューは、定番コーヒーのバリエーションが多いことに加え、季節限定スイーツメニューも楽しめるので、今流行の食トレンドも感じることができる。

スタッフが北海道に出張して農作業 生産から流通まで網羅

メニューに、やたら「北海道」の文字が目につくことに不思議に思い、店内にあったパンフレットを読むなどしてリサーチしたところ。
オーナーが札幌出身の方とのこと。
加えて、北海道千歳市に自社農園を持っていて、スタッフが農作業にも従事しているそうだ。
無農薬 無肥料で生産している点からも、この取り組みは只者ではない。

自分たちが育てた食材を調理して提供しているので、その思いが込められた料理もこだわりを感じる

北海道産 豆サラダ

出典著者

多種類豆、ドライフルーツ、胡瓜玉葱といった野菜に、ヨーグルトソースをトッピング。ハーブが利いている。ドイツの家庭で作られる胡瓜の定番サラダ Gurkensalat(グルケンザラート)を彷彿するヨーグルトソース。 一皿で2人分と感じた位、ボリューミー

おススメ定番メニュー

こだわりのカフェだったら、コーヒーも味わいたい。
そんな時は、コーヒーと円パン(パンケーキ)がイチオシ

レイコ=アイスコーヒー

出典著者

焙煎は札幌の熟練職人。氷の透明度が高く、ここにもこだわりを感じる

特製塩バターと円パン

北海道バターとミルクを合わせた生地。200/300/400。
はちみつ・あんこ・ジャムトッピングの場合+100円

ビジネスマンにもおススメな訳

・wifi完備なので、出先でのパソコン作業ができる。
・会計はテーブル行われる。キャッシャーに並ばずに済むので 時間のロスが少ない。
・スタッフは良い意味で放置してくれるので、せかされ感をあまり感じない。

まさに、ストレスフリー。
打ち合わせを終えた後に頭をクールダウンしながら報告書を作成 なんてときに、ぴったり。

トリビア:同じメニューなのに、時間によって料金が変わる

朝 昼 夜で、値段が変わる点もユニーク。その根拠は謎。
朝が一番お得だ。
朝8:00からオープンしているので、試しにいってみようかという場合は、朝料金時間帯に訪れてみてはいかが

この記事を書いたユーザー

フードアナリスト ミミ このユーザーの他の記事を見る

普段は食品会社に勤務。チーズ工房直営レストランにて、接客スタッフとしても活動。
そのほかに、料理ブロガー・フリーライターとして、様々な媒体を通じて食トレンド情報を発信中。
ブログ http://ameblo.jp/mimitearstar
北海道野菜の魅力を伝えるジュニア野菜ソムリエとしての取材・告知活動、食の情報を解説する専門家「フードアナリスト(協会本部広報委員)」他

権利侵害申告はこちら