最近では『派手な相撲解説の人』というイメージが強いデーモン小暮閣下。ざっくりとプロフィールを紹介しますと…

出生(自称):紀元前98038年11月10日(満100051歳)
出身地(自称):地獄の都Bitter Valley地区(東京都渋谷区)
芸名:「デーモン小暮」→「デーモン小暮閣下」→「デーモン閣下」と変遷

出典 http://laughy.jp

閣僚。ダミアン浜田殿下の後を継いで聖飢魔IIの主宰となる。 悪魔教布教のため聖飢魔IIの結成に尽力し、音楽活動のみならず舞台役者、文化評論家、相撲評論家、映画監督、としても人類のあらゆるマス・メディアを席巻。バラエティー番組はもとより、スポーツ、報道、教育、芸術、環境、国際放送、CM、国政選挙特番に至るまでほぼ全分野で画面に登場する唯一の存在で、日本で最も老若男女に顔を認知されているRock Musician。

出典 http://talent.yahoo.co.jp

幼少時にアメリカに在住していた帰国子女であり、異文化交流に関してのコメントも多い。日本の伝統芸能・文化にも造詣が深く、純邦楽(特にジャパメタのギタリストでもあり、筝曲家の沢井比河流とは親交も深い)・能等と共演することが年間25回を超える。好角家でもあり、相撲知識は好角家や大相撲関係者すら舌を巻く(後述)。頭の回転が早く、テレビ番組での彼のやり取りを見た、閣下支持でも何でもなかった音楽評論家渋谷陽一を感心させている。同時に、裏方では芸能界での大先輩やスタッフに丁寧に接するなど几帳面な一面を見せている。

出典 http://ja.wikipedia.org

ざっくりプロフィールを紹介すると言いながら、あまりに興味深すぎて、お腹一杯紹介してしまったわけですが、そんなデーモン閣下のあまり知られていない一面が、その『歌唱力』でして…なかには『B`zの稲葉と同じレベル』とか『歌手の中で”TOP3”に入る歌唱力の持ち主だ!』という人も少なくありません。

デーモン閣下の声域は”3.5オクターブ”という話も…

ヴォーカリストとしてはhihiC#にまで及ぶ高音域すぎる超絶シャウトを駆使。ちなみにヘヴィメタルだけに高音域の高さばかりが目立っているが、日本テレビのバラエティ番組向けに作った「地球戦士フリルマン」のテーマ曲ではlowF#までの低音域を出しており、その声域は3.5オクターブに及んでいる。

出典 http://dic.nicovideo.jp

ちなみに…3.5オクターブの声域ってどれくらい?

多少の訓練をした人では、下のミから上のソの2.1オクターブは可能ですが、3.5オクターブという人には、会ったことがありません。音大の声楽科などの方で、かなりのものかと。ちょっと専門ではないですが、オペラや独唱などではそのくらい必要なのかもしれません。

出典 http://oshiete.goo.ne.jp

本当なの?と思う方も多いかもしれませんが、あの大黒摩季の名曲『熱くなれ』をデーモン閣下がカバーした際の動画があるんです。これを見れば納得せざるをえないでしょう。では、まずは、大黒摩季の『熱くなれ』をご覧下さい。

出典 YouTube

ライブバージョンなのか、昔よりも若干声が変わった気が…。

最初の英語歌詞部分最後の『Changing,he we go!』という部分が、最大の難関であり、キー合わせが非常に難しいのですが…。では、その点に注目して聴いて頂きましょう!声域3.5オクターブの悪魔。デーモン閣下の『熱くなれ』です!

出典 YouTube

正直、僕自身も”3.5オクターブの凄さ!ってやらにいまいち実感がわかなかったのですが、『Changing,he we go!』という部分の、良い意味での”耳をつんざく高音”に圧倒。『これが3.5オクターブの声域か…凄すぎ!』と素直に感動してしまいました。

あの名曲!中島みゆき『地上の星』もカバー!

出典 YouTube

聖飢魔II風と言いましょうか、曲調の違いこそありますが、中島みゆきとはまた違った力強さを感じますし、ゾクゾクすると言った表現の方が正しいのかもしれませんが、デーモン閣下の歌として表現できているのが凄いところ。

まだまだある!デーモン小暮閣下のカバー曲!怒涛の5連発!

出典 YouTube

出典 YouTube

出典 YouTube

出典 YouTube

出典 YouTube

さすがは声域3.5オクターブの悪魔。低音から高音までしっかりとカバーしており、『歌手の中で”TOP3”に入る歌唱力の持ち主だ!』と言われている意味がわかったような気がします。また帰国子女だけあって英語の発音もバッチリってのが笑えますね。

現在『派手な相撲の解説者』とか『”女々しくて”のドラムの人?』なんて言われる事もあるようですが、この記事をきっかけにデーモン閣下の事を知った方は”凄いミュージシャンである”という事を、周りの人々にも伝えていってあげてくださいね!では、最後はデーモン閣下のこんな時代を振り返りながらお別れです。さようなら。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス