冷凍卵があれば、美味しいお酒のおつまみも簡単にできる

美味しい酒の肴があれば、宅飲みももっと楽しくなります。作り置きできてお酒がすすむ。そんなおつまみを、今話題の冷凍卵を使って作ってみました。

冷凍した黄身はお箸で持ててしまうほどもちもちで、食べると温泉卵のようなクリーミーで濃厚な味わいになるんだとか。

出典 http://cookpad.com

冷凍するとさらにクリーミーで濃厚な味わいになるという、冷凍卵。黄身だけを凍らせ、味噌床に漬け込んでみました。

まずは黄身だけの冷凍卵を作ります。

ひと晩冷凍庫に置いて、完成した冷凍卵を味噌床に漬け込みます。

味噌床は手抜きして、味噌Onlyです。濃厚な味が苦手な方は、みりんなどを加えて甘味を足しても。そこに冷凍した黄身を埋め込み、味噌で覆います。

冷蔵庫で2日以上寝かせば完成です!

黄身の味噌漬け、完成!

完成した黄身の味噌漬けです。照りが美しく、見るからに美味しそうです。まったりと濃厚な黄身に味噌の風味が加わり、たまりません。日本酒、なかでも辛口のお酒と相性バツグンです。

材料は卵と味噌だけ。漬け込めば漬け込むほど、味が濃厚になります。宅飲みが充実する、美味しい黄身の味噌漬け。作り置きにおススメです。

残った味噌床はどうすれば?

残った味噌床の味噌は、そのままお味噌汁に使えます。また、味噌床として再利用しても大丈夫です。

生卵を使って黄身の味噌漬けを作ると、味噌床に漬け込む際に崩れてしまい、味噌床が台無しになることも。でも冷凍卵ならその心配もなく、味噌だけに保存性も増します。

お酒のおつまみも簡単に作れてしまう。冷凍卵はかなーり便利な食材でした。

以上です。

この記事を書いたユーザー

ウォルサム このユーザーの他の記事を見る

とある地方都市在住の暇な人です。おかたいところとばっかり縁があった反動で、すっかりゆるふわ好きになりました。リラックスして楽しめる、そんな情報をお届けしたいと思ってます。

権利侵害申告はこちら