スペイン・マドリードで唯一のミシュラン三ツ星レストラン
「DiverXoディベルショー」。

今マドリードで1番予約ができないと、
世界中のグルメ美食家が注目する話題のレストランです。


スペイン・ミシュラン星レストラン「DiverXo」とは

2007年、マドリードにレストラン「DiverXo」をオープン。
2009年、ミシュランガイド2010年版でミシュラン1つ星を受賞。
2011年、ミシュランガイド2012年版でミシュラン2つ星を受賞。
2013年、ミシュランガイド2014年版でマドリードで唯一のミシュラン3つ星を受賞。

世界の美食家が集まるNYでも

このモヒカンスタイルがトレードマーク!?

出典 http://static-smoda.elpais.com

11歳頃から料理に目覚めたというシェフ


料理に目覚めたきっかけは、
Restaurante Vidiriana のAbraham García シェフの料理に感動したこと。
周りの友達はロックスターや俳優に夢中の時、
ムニョスシェフはこのシェフに夢中だったそうです。

料理の修業はロンドンにて

Diverxoオープン前にロンドンのレストラン、
Hakkasan(広東料理)、Nahm(タイ料理)、Nobu(和食)などの
有名レストランでアジアンテイストを学び、
自身のレストランメニューに活かしています。

レストランに入ると、ユニークな黒い羽根のついた豚と蝶々がお出迎え

出典 http://salivando.com

2014年の夏まで、レストランはマドリード市内のTetuanテトュアン駅の近くにありました。このエリアはフィリピン系、中国系、モロッコ系の外国人の多いエリアでした。

2014年夏、NHホテルに移転&リニューアルオープン

新しい移転先は、高級マンションとオフィス街が並ぶCuzcoクスコ駅にあるNHホテル Eurobuilding内で、このホテルには他にもミシュラン星をもつシェフのレストランが揃っています。

現在のレストランは白を基調としたファンタジーな世界にあふれるインテリアデザイン

出典 http://static-smoda.elpais.com

リニューアル前のユニークな羽根のついた豚と蝶々は変わらずにリニューアル先へ

出典 http://static-smoda.elpais.com

DiverXoのコースメニューは145ユーロと200ユーロの2種類

※料理の写真は、レストランに行った時のお楽しみということで、
この写真のみにさせていただきます。

2014年メンズマガジンでオリジナリティ賞を受賞

出典 http://ep00.epimg.net

"El cocinero David Muñoz premio ICON a la Originalidad."
ダヴィッド・ムニョスシェフ、スペイン発行のメンズマガジン「ICON」の「オリジナル賞」を受賞。(2014年)

2014年マドリードの観光大使に任命

趣味は毎日仕事を終えて深夜のマドリードで、走る事

”Normalmente salgo a correr después del servicio. Me hago entre 12 km y 18 km nocturnos. Correr por la noche por Madrid es la bomba.”

出典 http://smoda.elpais.com

「仕事が終わった後(深夜2時)12-18キロ走るんだ。夜のマドリードでするランニングは最高だよ。」

この肉体美が証明しています

「健全なる精神は健全なる身体に宿る」と自身のツイッターにコメントしています。24キロ減量に成功したそうです。

2014年ニューヨークマラソンに参加

ニューヨークマラソンで使用したオリジナルシャツ

料理はスペクタクルを5感で感じるというコンセプトを短編映画にした「El Xow (ショー)」

出典 Vimeo

スペイン・マドリードにあるミシュラン3つ星レストラン「DiverXo(ディベルショ」のDavid Muñozダヴィッド・ムニョスシェフのレストランコンセプトからできた短編映画です。2014年10月に公開されました。

現在は2つのレストランを経営する起業家シェフ

ダヴィッド・ムニョス氏の手がける「StreeXo」のメニューは、アジアンフュージョンなので、スペインの典型的なタパスやパエリヤは出てきません。

今のスペイン高級料理は、モダンツイスト&中華料理、和食、韓国料理やインド料理など、アジアの食材やスパイスからヒントを得たアジアンフュージョンが人気です。

マドリードの有名高級デパート、
「エルコルテイングレス」カジャオ店内9階にある
グルメフードコートにあるStreeXo「ストリーショ」は、
ダヴィッド・ムニョスシェフのてがけるカジュアルダイニングです。

2015年2月にはロンドンに「StreeXoストリーショー」が海外進出予定

2014年9月の時点のこのツイートでは12月にロンドン支店がオープンとありますが、
2014年11月の最新情報では2015年2月にオープン予定だそうです。

人生のモットーは”No pain, no gain”(苦労なくして、得られるものはない)

移転先の新しいレストランのスタッフルームの入り口の頭上には、
このスローガンがあります。

"No pain, no gain"とは「苦労なくして、得られるものはない」という意味です。
日頃の努力が実を結んでいるということですね。

"Winner attitude always" とは、「いつも勝ち組の心構えで」というメッセージを指し、
ムニョスシェフのモットーが厨房のスタッフチームの中にも響いています。

スペイン・ミシュラン3つ星シェフの
ダヴィッド・ムニョスシェフのこれからが楽しみです。

スペイン・マドリードにお越しの際はぜひ!

DiverXo
住所:Calle de Padre Damián, 23, 28036 Madrid
電話番号:915 70 07 66
ウェブリンク:diverxo.com
※予約はインターネットウェブサイトにて

この記事を書いたユーザー

Michiko このユーザーの他の記事を見る

帰国子女に憧れて、14歳から日本国内のインターナショナルスクールに編入。NYへ大学留学後、東京に戻りその後2011年よりスペイン・マドリード在住。バイリンガルライター。デザイン・アート・グルメに興味あり。スペイン贅沢レストランについて語るグルメブログも更新中です!https://travelingandeating.wordpress.com

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス