きれいになりたいという願望は、どの時代の女性も共通ですよね。
今回は、明治や昭和に生きた女性たちが愛し、今もなお支持され続けている超ロングヒットコスメを集めてみました。

洗顔料・スキンケア部門

ロングセラー洗顔料の代名詞的存在「ロゼット洗顔パスタ」

出典 https://rosette.jp

1929年(昭和4年)に登場のロングセラー洗顔料。
現在も多くのユーザーから愛され、コスメ系クチコミサイトでも上位にランクインしている人気商品です。

出典 http://wakaba-kakeibo.com

中心にあいた穴の周りを押すと、穴からにゅるっと洗顔料が出てきます。
適量を出すのにはちょっとコツがいるので使いにくいのですが、その使いにくさにも時代を感じますね。

昭和45年に放映されていたCMがコチラ。

出典 YouTube

昭和45年でも、登場してから40年経っているんですから驚きです。

深青のガラス瓶がかわいい化粧水「美顔水」

出典 http://spotlight-media.jp

1885年(明治18年)誕生の明治コスメ。
青い瓶のパッケージがなんともレトロ可愛いです。

資生堂がはじめてつくった化粧品「オイデルミン」

出典 http://www.shiseido.co.jp

1897年(明治30年)に登場。
いまとなってはすっかりコスメのイメージが強い資生堂ですが、はじまりは調剤薬局だったそう。
そんな資生堂がはじめてつくった化粧品が、この「オイデルミン」でした。

出典 http://blog.pathologos.oops.jp

ボトルが可愛いので、インテリアとして飾っている人も。
最新のメイクアイテムにはないレトロ感がたまりません。

発売当初の「オイデルミン」ボトルも素敵!

出典 http://www.shiseido.co.jp

発売当初のボトルがこちら。
可愛すぎて、化粧台に並べておきたくなること間違いなしですね。
こちらのボトルも復刻してくれないかしら…。

メイクアップ部門

資生堂のロングセラーメイクアップシリーズ「シフォネット」

出典 http://www.shiseido.co.jp

どこかノスタルジックなパッケージに時代を感じますが、現在も「リップスチック」「フェイスパウダー」「オートマスカラ」の3アイテムが購入可能。

出典 http://www.tumblr.com

このころ資生堂のモデルを務めていたのが、パリコレなどでも活躍し、日本の美を世界へ広めた往年のトップモデル山口小夜子さん。
シフォネットは山口小夜子さんが愛用していたシリーズとしても話題を集めました。

出典 YouTube

1973年に放映されていたシフォネットのCMです。

フレグランス部門

純白のドレスのようなロマンティックな香りが漂う「ホワイトローズナチュラル」

出典 http://www.shiseido.co.jp

資生堂の香水「ホワイトローズナチュラル」。
気品あふれる香りは昭和マダムの憧れだったそう。
現在も2万3760円(税込)とお高めではありますが入手可能です。

上品で雅な香りの最高級フレグランス「すずろ」

出典 http://www.shiseido.co.jp

1976年(昭和51年)に最高級フレグランスとして登場した「すずろ」。
5万760円と大変高価ですが、こちらも購入可能です。

出典 http://blogs.yahoo.co.jp

「恋がつもって咲かせたかほりは何色ですか」。
なんて美しく秀逸なコピーなのでしょうか…!

いかがでしたか?
どれもパッケージが愛らしく、持っているだけでアガりそうなアイテムばかり。
ちょっと古めかしい昭和ファッションスタイルに注目が集まるいま、メイクアイテムにもレトロなテイストを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

シノヅカヨーコ このユーザーの他の記事を見る

家事が嫌いなぐうたら主婦。25年2月生まれのムスメと夫の三人暮らし。 育児、暮らしにまつわるネタを中心にライター業をしています。お酒とチョコレートが大好き。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス