もし、自分が今日亡くなってしまうとしたら皆さんは最後に誰に会いたいと思いますか?本日はあるイギリスに暮らしていたおばあちゃんのお話をご紹介したいと思います。

たくさんの動物たちに囲まれていたあの頃……

シェイラ・マーシュ(77)さんは長い間イギリスのある病院でガンと闘っていました。そんなシェイラさんは元気だったころ、自宅で馬を6頭、3匹のネコたち、3頭の犬たちそして他の動物たちと暮らしていたそうで、その中でも子馬の頃から25年間育ててきたブロンウェンには特別な思い入れがあったのだと言います。

『最後に一目、ブロンウェンに会いたいわ……』

病床で横たわるシェイラさんはいつもお見舞いに来てくれる娘のティナさんに「最後に一目、ブロンウェンに会いたいわ……」といつも話していたというものの、ベッドから動くことの出来ないシェイラさんを馬小屋に連れ行ってあげることも、ブロンウェンを病院に連れ来ることも出来ない……。ティナさんは、その願いをいつも聞いてあげることだけしかできませんでした。

日に日に悪化していくシェイラさんの容態……

しかし、日に日に悪化していくシェイラさんの容態を見て、なんとか最後の願いを叶えてあげたいと考えたティナさんは思い切って病院に相談してみることにしました。すると病院側は、その最後の望みをなんとかか叶えるために協力してくれることになったというんです。何かあったとしてもすぐに救急治療室に運ぶことが出来るよう、周りに看護師、医師が付き添い病院の外までブロンウェンを連れてくるという条件で。

会いたくて会いたくてたまらなかったあのブロンウェンに

車輪付きのベッドによって病院の外に運び出されたシェイラさんを待っていたのは、あの会いたくて会いたくてたまらなかったブロンウェンでした。

お母さんの最後の望みをかなえることが出来たティナさんはその時の状況をこんな風に語っています。

再会の瞬間は私の目に涙があふれてしまいました。付き添ってくださった看護師さん達もみなさん泣いていましたね。本当に美しい瞬間でした。この機会を与えて下さったお医者様、看護師さん達に感謝の気持ちでいっぱいです。

母にとってとても大切な瞬間だったと思います。母はみなさんが人生の中で会う人達の中でも最も働き者の1人で、人を助けるためならなんだって出来る人でした。

出典 http://www.manchestereveningnews.co.uk

さらに、その場に居合わせた看護師のゲイル・テイラーさんもこのように振り返ります。

シェイラさんが優しくブロンウェンの名前を呼ぶと、ブロンウェンはゆっくりとシェイラさんに首をもたげほっぺたにそっとキスをしたんです。その様子はまるで2人が最後の『さよなら』を言っているように見えました。

出典 http://www.manchestereveningnews.co.uk

ブロンウェンへの最後のGoodbye

一番会いたかったブロンウェンに会えたシェイラさんは、喜びの再会の一時間後静かに域を引き取ったそうです。

みなさんは死の間際、誰とどんなふうに過ごしたいですか?

この記事を書いたユーザー

チオリーヌ このユーザーの他の記事を見る

フリーランスライター。イギリス・ロンドン在住。都内某出版社に勤務した後、ロンドンへ移住。世界一カオスな街で想定外の国際結婚に発展し現在に至る。自身の著書に『B型男を飼いならす方法』『ダイエットマニア』がある。 世界中から集めたお部屋のデコレーションアイデアを紹介するサイト『Lovely World House(lovely-world-house.com)』を運営中の他、自身のブログ『Newロンドナーになるのだ!(chioline.com)』ではロンドンライフを皮肉に書き綴っている。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス