ここはアメリカ西部、ネイティブアメリカンの聖地?冒険映画や西部劇に出てきそうな景色!それとも、よく見たらこれってトルコのカッパドキアかも!?
とがった岩がゴツゴツ立っている景色はきっと異国の地!


そんな想像力をかきたてるこちらの風景、
実は、日本にあるのです!

徳島県阿波市の奇勝「阿波の土柱」といい、ティロル地方(イタリア)の土柱、ロッキー山脈の土柱(アメリカ合衆国)と合わせて、世界三大土柱の一つとされています。

土柱とは
砂礫層の侵蝕によって数十の土の柱を現出した地形で、柱状・尖塔状等の土柱が相屹立している奇勝。

出典 http://www.awanavi.jp

ロッキー山脈の土柱

出典 https://www.flickr.com

ロッキー山脈の土柱と肩を並べて世界三大土柱に数えられる阿波の土柱がこちら!

世界三大土柱の一つ、阿波の土柱

出典阿波市提供

上から見る阿波の土柱

出典 http://www.awanavi.jp

「阿波の土柱」は約130万年前の氷河時代に堆積した扇状地がその後隆起し、雨水の浸食作用を受けて形成されたといわれている。中央構造線の活動とも関係するといわれ、世界の地質学者の研究対象ともなっているそうである。千帽子山の波濤ケ嶽(はとうがたけ)は高さ13メートルにも達する大天中がある。
昭和9年5月1日文部省より国の天然記念物に指定されている。

出典 http://www.jb-honshi.co.jp

昭和31年には「裸の大将」で知られる放浪画家、 山下清も土柱を訪れ、写生しています。
 清は土柱を目の当たりにした際、驚きの表情を浮かべながら
 左の言葉をつぶやいたといわれています。(*)
「これ人間がつくったのとはちがうんだろうな。わざわざつくるのは、ばからしいもんな」(*HP上左部に記載)

出典 http://dochuland.com

天才画家山下清にこう言わせた絶景。まさに自然が作り出した芸術です。

浸食がすすみ、広大なロッキー山脈と比べると、規模は小さいものの、日本でこのような風景が見られるなんて、素晴らしいですね。そして、それは世界三大に数えられ、日本ではこちらの阿波だけでしか見られない貴重な景色です。


「自然の芸術品と触れる場所、訪れた方からは癒しの空間になっているとお聞きしたことがあります。近年では夜間のライトアップもご好評を得ております」と、阿波市商工観光課。


ライトアップされた土柱

出典 http://www.awanavi.jp

ライトアップは5、月~8月は日没から22時まで、9月~4月は日没から21時まで

自然が作り出した奇勝「阿波の土柱」。
ぜひ、間近で素晴らしさを味わいたいですね!

【交通アクセス】

徳島自動車道の阿波 パーキングエリアから、 北へ徒歩約7分。

県道阿波土柱線(198号線) を北上し、徳島自動車道の
阿波パーキングエリアを 過ぎて初めての交差点を北へ。


※駐車場は、阿波パーキングの市駐車場をご利用ください。
 バスなど大型車は、土柱そよ風広場の駐車場をご利用ください。

【所在地】  阿波市阿波町桜ノ岡

この記事を書いたユーザー

KANA このユーザーの他の記事を見る

ライター。政治や歴史記事を担当した後、情報サイトのコラム、特集記事、パンフレットや企業刊行物、HPなどのコピーライティングなど。
美しいものと海外文化が大好き。世界の美しい場所、建物、物、人、ファッションにウェディング、スイーツなど。女子心ときめき基準で記事を書いていきます。
一児の母として、子育て奮闘中。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス