とってもキュートな離れ目が特徴の猫「モンティ」

猫好きな人は世に多いものの、この猫の存在を知っている人は少ないのではないでしょうか??

彼の名前はモンティ。
今年3歳になる、元気な男の子です。
デンマーク・コペンハーゲンのある家庭で暮らしていますが、彼の最大の特徴でありチャームポイントでもあるこの離れた目。実はある「部分」をもたずして生まれてしまったことによるものなのです。

染色体異常により【鼻梁】を持たずして生まれたモンティ

モンティの離れ目の原因、それは鼻梁(びりょう)という鼻の中ほどを支える骨をもたずに生まれたことによるもの。
そのため普通の猫に比べて呼吸がしにくく、またくしゃみがよくでるという傾向があり、呼吸全般において深刻な問題を抱えています。さらに膀胱の機能も弱いため、寝ている間に失禁してしまうことも多々あるのだとか。

そんなモンティ、実は育った環境も良いとはいえないものでした。

見た目のせい?施設で他の猫にいじめられていたモンティ

現在モンティを育てている飼い主のマイケルさんらとモンティが出会ったのは、いまからおよそ1年前のこと。当時動物保護施設にいたモンティをみかけ、そのなんとも可愛らしい風貌から預かることを決めたのだといいます。
マイケルさんいわく、

『わたしたちはモンティに初めて会ったとき、彼が私たちのところに来るべき猫だ、と、私たちの心の中では間違いなく思えました。彼の特別な見た目は信じられないほどかわいい見えるのですが、彼の性格はそれ以上に特別です。本当に、ダイヤモンドのように稀な存在です。』

だそう。というのも、モンティは当時保護施設で他の猫と同じケージに入れられていたそうなのですが、その変わった見た目からか?他の猫にいじめられていたそうなのです。
しかしモンティはそうして攻撃され続けていたにも関わらず、決して喧嘩をすることはなく、常に穏やかで静かにふるまっていたのだそう。

そんなモンティに心奪われたマイケルさんらの気持ち、理解できるのではないでしょうか。

他と違うことはおかしいことなんかじゃない。

そして1年前、現在の飼い主であるマイケルさんらに引き取られてからは、元気でやんちゃな人気者として温かく育てられています。
モンティを心から愛するマイケルさんらは、
「全ての人に完璧な見た目に見えなくっても、彼は私たちにとって最高の猫」と語り、また「同じように人間も、人と違うからといって、その人が素晴らしくなれないということではない」と語っています。

つらい先天的障害をもちながらも素敵な家族に巡り合えたモンティ。これからも元気に育っていって欲しいです。

この記事を書いたユーザー

ODACHIN このユーザーの他の記事を見る

ドイツとHouseが大好物なフリーライター。着付けとドイツ語を習得中。
主に海外発のニュースを配信しています。

権利侵害申告はこちら