最近良く耳にする言葉ですが、「無断引用」この言葉はかなり矛盾を含んだ言葉です。
なぜなのか?引用と転載の違いを説明しながら解説していきたいと思います。

まずは引用と転載の違い

著作物は著作権法によって保護されています。したがって他人の著作物を原稿の一部として“転載”する場合は、原則として著作権者の許諾を得ることが必要です。また、自分の著作物の利用であっても、著作権が譲渡されている場合は、譲渡先の著作権者(たとえば学会など)の許諾を必要とします。

その一方、学問は先人の業績の積み重ねによって成り立っていることも事実で、特に自然科学の論文では、その内容に客観性をもたせるため、他人の著作物を“引用”することは必要不可欠といえましょう。そこで著作権法では、著作権者の許諾を必要としない“引用”の規定を第32条に設けていますが、これは“権利制限規定”の一つで、特定の例外的な場合についてのみ認められているものです。

出典 http://www.medbooks.or.jp

これを読んで何のことかわからないという方も多いかと思います。
だからこそ無断引用という矛盾する言葉が生まれてしまったのでしょう。

要するに法律に乗っ取った範囲で文章を引用する。すなわち自分の正しさや他の人もこんなこと言ってますよって紹介するのが引用なのです。
対して、その法律の範囲に沿わずに、文章を載せてしまうとそれは転載となり、元の文章を書いた人や権利を持っている人に許可を取る必要が出てくるのです。

すなわち、引用は合法的な無断転載のことなのです。
要するに許可は不要です。

じゃあ、その法律の範囲って!?

ア 既に公表されている著作物であること
イ 「公正な慣行」に合致すること
ウ 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
エ 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
オ カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
カ 引用を行う「必然性」があること
キ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

出典 http://ja.wikipedia.org

上の引用部分に書いてあるのが、引用として認められるための条件です。
(ア)は要するに未発表のものはダメですよって言うことです。
例えば来週発売の単行本に書いてある内容を、前もって引用してしまうとそれは引用ではなく転載、許可を取っていなければ無断転載となってしまうのです。

(イ)これは他の部分と被る部分も多くわざわざ書く必要があるのかと思ってしまいますが、今までの例も見て適正な範囲でやりなさいよっていう意味です。

(ウ)正当な範囲ってなんだ・・・と思われると思いますが、(イ)と同じで無駄に引用しまくったらいけませんよって事ですね。

(エ)自分の書いた文章の理解を深めたり正当さを主張するために使うものですよということです。この人もこう言っているからこうなるんだという事ですね。後は文量なども関係有るようです。

(オ)ここ引用ですよって書くってことですね。

(カ)この文章がないと成り立ちませんよっていう事ですが、ここに関しては判断が非常に難しく、もめる原因にもなっています・・・。

(キ)この部分はこの人のこの本やこのブログから引用しましたと明示することですね。この記事にも多くの引用が有りますがすべてどこから持ってきたかしっかり書いてありますよね?そういうことです。

では、無断引用って・・・?

ここまで読めばもうわかっていると思いますが、無断引用すなわち
「無断で無断で合法的に文章を転載する」
となってしまうわけです。そもそも引用という言葉が無断で転載するということなのですから・・・。

だから、
☓「私の文章が無断引用された」
○「私の文章が無断転載された」
となります。転載が違法かどうか?それは上の引用の要件に当たるか否かと許可を取っているかどうかです・・・。許可を取らず、引用の要件にも満たされていない物が違法な転載であり、どちらかを満たしていれば合法な転載なのです。

引用に関してはそもそも権利者からやめろと言われても上の条件を満たしていれば大丈夫ですが、大体の場合は、裁判などで引用か否か争うのも大変なので消すことが多いようです。

そして、引用について・・・

そもそも引用はよくないという方もおられますが・・・。
もしも引用を法的に認めなければどうなるか、まず、論文を書く難度が格段に上がります。
なんといっても、今の論文は引用して、主張を繰り広げることが多いですから・・・。

そして、インターネットの新興メディアの大半が壊滅します。
この私が書いているSpotlightもそうですが、インターネットメディアの大半は引用して主張することが非常に多いメディアです。
なぜか?そこまでの取材力がない、人も少ないのでそうしなければ記事がかけないのです。
壊滅したらどうなるのか・・・。
既存のメディアの力がより一層強くなり、新規事業がなお一層入りづらくなります。
そして、ネットで問題になっていますが、既存メディアの捏造や事実隠しが増えるでしょう。

更に・・・私の仕事が激減します・・・
いや、これは別に皆さんには関係ありませんけど。
私のような弱小ライターにはTwitterなどからの引用はなくてはならないものですから・・・。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら