捨て犬の気持ち

この動画は 犬の気持ちを代弁する形で、ずっとつぶやき続けます。
声は入っておらず、音楽と言葉だけで綴られる犬の「想い」が、更に切なさを誘います。

犬は ご飯を食べさせてもらったり、頭を撫でてもらったり、一度でも優しくしてもらったことを 決して忘れることはありません。

犬にとって 飼い主は親であり、保護者であり、一番 信頼できる 大好きな人です。
飼い主に構ってもらえる瞬間こそ、犬にとって最高の幸せです。

知っていますか?

飼い主に無視されることが、犬にとっては一番 悲しいことだと…。

犬の望みは たった1つ。
ただ…愛されたいだけなのです。

不用意にペットを捨てる飼い主が どれほど居るでしょう?

大好きな人の手で、殺処分所に連れてこられるペットの気持ちを 解ってあげてください…。

「小さな命」それでも生きているのです!

ペットは、動くヌイグルミではありません。

「ねえ誰か教えて」

この後…最期の一言が 胸をえぐります。

続きは、動画で どうぞ。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

まりあ このユーザーの他の記事を見る

『プラチナ公式ライター』
トリマー・ブリーダー・警察犬訓練士…。
子供の頃からの夢を1つずつ叶え、現在 様々なメディアで フリーライターとして活動中。
動物・おもしろ・感動・美容…。
幅広い情報を お届け出来たらいいなと思います。
共感してくれたら嬉しいです。
☆Twitter:Tear_Tear_Drop
☆記事一覧(by.s:http://by-s.me/writer/552
☆記事一覧(spot light:
http://spotlight-media.jp/writer/552

権利侵害申告はこちら