みかんあるある。

みかんが並び始めると、冬が近づいてきたなーと感じます。

そしてこたつの上には必ずみかんが山盛り。
『こたつでみかん。』
富士山に続いての日本の素敵な風景のひとつだと思います。←富士山に失礼やわ。

私は田舎に住んでいるので、子供の頃はミカンは段ボールでの箱買いが当たり前でした。
そして、余るどころかもうひと箱買い足したりね…。ひと冬でどれくらい食べたんだろう。
おかげでよく手が黄色になったり、夜中に何度もトイレに起きていました(笑)

結婚してからはそんなに食べないのでネットに入っているものを購入しますがそれでも余る事があります。

そんな余ったみかんや、買ってみたものの酸っぱかったり美味しくなかったりしたみかんって、皆さんはどうしてますか?

私?←聞いてない?
私はみかんのシロップ漬けにして自家製みかん缶詰めを作っています。

息子が大好きなんですよね。

市販の缶詰の原材料

レシピに行く前に市販品の缶詰について少し。

市販の缶詰の製造過程や原材料ってご存知ですか?

原材料は表示ラベルを見れば分かりますよね。
しかし、そこには実際使っていても表示されていないものがあります。

そのひとつが、なんと“塩酸”です。
はい、あの劇薬の塩酸でございます。

そこだけ聞くと「怖っ!」て思いますよね。
だけど製造加工の工程の中で、人体に害のない様にしっかりと中和されてから流通しているので大丈夫なんです。


が‼

その塩酸を人体に害のないよう中和するために使われるのが“水酸化ナトリウム”です。
はい、こちらも劇薬なんですよね。

もちろん、どちらも劇薬と言っても食品に使用しても問題のないものを使い、最後にはよく水洗いして薬品が残らないようにするので製品には問題ないということなんですね。

ただ、どちらも原材料のラベルには表示されていません。(塩酸なんて書いてあったら買う人が躊躇しちゃいますよね。)
それは、製造加工の最終段階で薬品を完全に除去する(安全性に問題はない)という条件で表示が免除されているようです。

これをどう考え捉えるかは自分次第。というところでしょうか。

気持ちがいいほど釣るんと剥ける!自家製みかん缶詰風の作り方

前文をふまえて。
家では塩酸は使えません。

そこで手軽に使えるのが“重曹”です。
重曹の成分の炭酸水素ナトリウムがみかんの薄皮に含まれているペクチンを溶かしてくれるので、気持ちいいほどにつるんと剥けるんです。

お手軽に手に入る重曹で、しかも作り方はいたって簡単シンプル!

料理というより実験をしている感じです。

【缶詰風みかんの作り方】

(作りやすい分量)
・みかん  5~6個
・水  800ml
・重層  小さじ1
○水  100ml
○砂糖  大さじ5~6
・レモン汁  小さじ2


1、みかんの外皮を剥いて、房をばらばらにする。
(丸ごとでも出来ますが、房と房の間の皮や中心の筋などは綺麗にとれないので、それを踏まえてOKなら丸ごといっちゃって下さい。)

2、鍋に水を入れ沸騰させたら重曹をいれ軽くかき混ぜてからみかんを入れる。

3、みかんをいれてから1分30秒~2分湯がいたらザルにそーっと優しくあけてから、氷水(分量外)にいれる。

4、そのまま氷水の中でみかんのぬめり(薄皮や筋)を手で優しく洗い流してみかんの果肉を器に入れておく。

出典 http://s.ameblo.jp

ほら、こんなに綺麗に剥けるんです!

5、別の容器に○を入れてレンジ600wで1分ほど加熱し砂糖を溶かしたらレモン汁を入れ、4のみかんと合わせて冷蔵庫でしっかりと冷やしたら完成です♪

出典 http://s.ameblo.jp

シロップの甘さはお好みで調節して下さいね。

煮ているわけではないので2~3日で食べきって下さいネ。

そのまま食べてもよし、サラダやスイーツにしてもよし!
お好みで食して下さい(^o^)

この記事を書いたユーザー

ちゃんちー このユーザーの他の記事を見る

料理に節約、それなーに?だった独身時代。笑
料理に興味も経験も全くなかった私が今では料理が趣味‼︎
結婚、出産を経て普段の食事がどれだけ大切かを身をもって感じ、その中でも主婦の目線で節約しながら毎日の食卓で美味しいが聞けることを励みに日々頑張っています。
【Cooking makes people happy.】料理は人を幸せにする。
を信念に安全安心で簡単美味しいレシピなどを豆知識を含めながら発信し笑顔と幸せな“食”を広めていけたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。
公式ブログ『ちゃんちー家の気ままな日々とおうちごはん』にて毎日のごはんをレシピ付きでUPしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス