「なまはげ」とは?

皆さんは「なまはげ」というものを知っていますか?
この地域では、怖い顔をした人を「なまはげ」と、からかうことも しばしばです(苦笑)

秋田の方言も、お楽しみください!

「なまはげ」は怠惰や不和などの悪事を諌め、災いを祓いにやってくる使者(鬼・妖怪の類い)である。年の終わりに、大きな出刃包丁(あるいは鉈)を持ち、鬼の面、ケラミノ、ハバキをまとって、なまはげに扮した村人が家々を訪れ、「悪い子はいねがー」「泣ぐコはいねがー」と奇声を発しながら練り歩き、家に入って怠け者、子供や初嫁を探して暴れる。家人は正装をして丁重にこれを出迎え、主人が今年1年の家族のしでかした日常の悪事を釈明するなどした後に酒などをふるまって、送り返すとされている。

出典 http://ja.wikipedia.org

出典 https://www.youtube.com

こんな風に 荒々しく足を踏み鳴らし、大声を出しながら家中に踏み込みます!
その姿は大人でも怖いです…。

冬に囲炉裏(いろり)にあたっていると手足に「ナモミ」 「アマ」と呼ばれる低温火傷ができることがある。“それを剥いで”怠け者を懲らしめ、災いをはらい祝福を与えるという意味での「ナモミ剥ぎ」から「なまはげ」 「アマハゲ」 「アマメハギ」 「ナモミハギ」などと呼ばれるようになった。

一般的に、赤面がジジナマハゲ、青面がババナマハゲとされているが、違う地域もある。

出典 http://ja.wikipedia.org

見てください、この子供の顔…。

はい、無理もありません。
私も子供の頃は夢で うなされました!

なまはげにまつわる事件

2007年の大晦日になまはげに扮した男が飲酒した事で酩酊して、温泉旅館の女性浴場に乱入する騒動が発生した[7]。これを受けて2008年1月に、男鹿市ではなまはげの暴れ方に関する指針、いわゆる行動指針の策定のため、同市副市長伊藤正孝ら行政側と地区代表らが協議したが、マニュアル作成は見送られ、「伝統の原点へ回帰する」ことで決着、その後行政による指導はないと報じられた。

出典 http://ja.wikipedia.org

なまはげの教育的機能

なまはげは伝統的民俗行事であるが、東北地方においては幼児に対する教育の手段として理解されている。親は幼児に対し予めなまはげによる強い恐怖体験を記憶させ、そのあと幼児に対し望ましくないとみなされる行為を行った場合、その恐怖体験が再現される可能性を言語的手段によって理解させる[9]。なまはげの行事は「刃物を持った大男が家屋に乱入して来る」恐怖を利用して、幼児の特定の望ましくない行為への欲求を自制させることを意図している。

出典 http://ja.wikipedia.org

事件があってからは、さすがに人の家に無理やり押し入ることはありませんが、昔は どこの家にも関係なく侵入し、女性や女児にセクハラまがいのことをしていたそうです!

しかし、「なまはげ」に触られることは「厄落とし」とされるため、旦那さんも阻止することは止められます!

テレビに映っていた男性の、こわばった顔と拳が 見ていて気の毒でした(苦笑)
奥様が「なまはげ」に胸を触られてたのでは…無理もありません。

このあと「なまはげ」は、お酒を飲み、しっかりとお土産を貰い、千鳥足で帰っていきました。

「なまはげ」が落としていった藁を持ち帰り、家の柱に結んでおくと「厄除け」になるそうです。

そしてまた、来年も「なまはげ」が・・・怖すぎる!!

なまはげ

出典 YouTube

なまはげ柴灯まつり

大晦日のほかに「なまはげ柴灯(せど)まつり」が2月にあり、これは主に観光向け行事として親しまれている。こちらは、なまはげの着ているケラから落ちた藁を頭などに巻きつけると無病息災の御利益があるといわれている。

出典 http://ja.wikipedia.org

なまはげ太鼓

出典 YouTube

なまはげは、大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部の各家々で行われる伝統的な民俗行事。本来は小正月の行事であった。

「男鹿(おが)のナマハゲ」として、国の重要無形民俗文化財に指定されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

この記事を書いたユーザー

まりあ このユーザーの他の記事を見る

『プラチナ公式ライター』
トリマー・ブリーダー・警察犬訓練士…。
子供の頃からの夢を1つずつ叶え、現在 様々なメディアで フリーライターとして活動中。
動物・おもしろ・感動・美容…。
幅広い情報を お届け出来たらいいなと思います。
共感してくれたら嬉しいです。
☆Twitter:Tear_Tear_Drop
☆記事一覧(by.s:http://by-s.me/writer/552
☆記事一覧(spot light:
http://spotlight-media.jp/writer/552

権利侵害申告はこちら