いつもインパクトのある交通安全のCMを作るニュージーランドの交通機関。
今回はスピードの減速を促すCMなのですが、それがあまりにも衝撃的すぎました。

出典 https://www.youtube.com

見通しの良い道路で、子供を乗せた父親が車で道を曲がろうとすると、時速100km以上のスピードで走行してきた男性が運転する車と衝突しそうになりますが、あわや衝突というところで、ぶつかる直前に突如時が止まります・・・

出典 https://www.youtube.com

時が止まり二人のドライバーが車を降りてきて、これから起きようとしている事故について言葉を交わします。

父親「すまない、曲がれると思ったんだ」
男性「急に出てこられたら止まる時間なんてないよ」
父親「ちょっとうっかりしていた」
男性「俺ももう少しスピードを落として走っていたら良かったんだが・・・」
父親「後ろの席には息子が乗っているんだ(なんとかならないか)」
男性「・・・すまない、スピードを出し過ぎていたんだ。どうにもできないよ」

出典 https://www.youtube.com

そして時が動き出す前に両者がそれぞれの車に戻ります。。

出典 https://www.youtube.com

後部座席の息子を見つめる父親。

出典 https://www.youtube.com

時が止まったまま父親を見つめている(ように見える)息子。

直後に時が動き出し・・・

出典 YouTube

最後に表示される“Other people make mistakes Slow down”(他人が間違いを起こすこともある。だから減速を)

時を止めて会話をさせることで、本来であれば一瞬で起こるはずの反省と後悔を、一定の時間を使って見事に言葉と表情で表現できている革新的な表現手法。
これを見た後はきっと安全運転を心掛けるはずです。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら