クリスティ・キーンさんは、二人目の赤ちゃんを授かりました。そして2017年8月2日、無事に出産。その可愛い女の子はチャーリーと名付けられました。元気に生まれてきてくれたチャーリーでしたが、悲しいことに、彼女の耳は音を聞くことができませんでした。

その事実を知った時、クリスティさんはできることを模索し、生後2ヶ月のチャーリーに補聴器をつけることにしました。そしてその記念すべき瞬間を動画に残しておくことにしたのです。

「きっと素晴らしい瞬間になる」と思っていたクリスティさんでしたが、実際のチャーリーの反応は予想以上のものでした。

初めて聞くママの「Hello」の声で笑顔に

出典 https://www.youtube.com

クリスティさんが「Hello」と声をかけると、ごく自然に笑顔になるチャーリー。しかし次の瞬間、クリスティさんが「あんな表情は初めてみました」とのちに語った、想像もしていなかった表情になるのです。

感極まって涙を浮かべるチャーリー

出典 https://www.youtube.com

初めて聞くママの声。混乱もあったでしょう。そして不思議な安心もあったかもしれません。それは私たちには計り知れないもの、2ヶ月のこの小さなハートの中で、どんな思いがこみ上げてきたのでしょうか。チャーリーはその小さな瞳にいっぱいに、涙を浮かべたのです。

じっとママの言葉を聞くチャーリー

出典 https://www.youtube.com

そして大きな瞳でじっとママを見つめ、その声を、言葉を、聞き続けます。クリスティさんも、そんなチャーリーに優しく語りかけます。

『I LOVE YOU』と伝えたその時…

出典 https://www.youtube.com

そしてクリスティさんが「I LOVE YOU」と語りかけたその時、再びチャーリーの表情が大きく崩れます。

まだ2ヶ月、言葉の正確な意味を理解しているわけではないでしょうが、チャーリーの表情を見ていると、言葉以上の思いが伝わっているのをはっきりと感じます。

10月13日、この感動的な瞬間をインスタグラムに投稿すると、心動かされる人が続出、動画は18万ビュー、Facebookでは500万ビューを超え、今も世界中に拡散され続けています。

「なんて美しい涙なの!」

「こんな素敵な瞬間を共有してくれてありがとう」

「何度も繰り返して見ちゃうわ。なんてスイートなの」

「見ていると一緒に涙がでちゃうよ」

心揺さぶられる時間をぜひ動画でご覧ください

来年、チャーリーは人工内耳の手術を受ける予定だそうです。音のない静かな世界から、優しいママの声で導かれてやってきた新しい世界。私たちは普段、様々なことが当たり前だと思い、大切な何かを忘れてしまっていまいがちです。チャーリーのこの純粋なリアクションは、そんな当たり前がすべて奇跡であるということ、そしてすべては愛で包まれているということを思い出させてくれるようです。

この記事を書いたユーザー

Mucoco このユーザーの他の記事を見る

これまでご愛読ありがとうございました。感謝です!
過去記事の一部をブログで公開予定です。
ゆっくりとした更新となると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします^ ^

権利侵害申告はこちら