妻の死後も気丈に舞台を務める市川海老蔵

6月22日に最愛の妻、小林麻央さんを無くした後も気丈に舞台に立ち続け、その力強い姿で観客を魅了し続けている市川海老蔵さん。

今月3日からは「七月大歌舞伎」に息子の勸玄くんとともに出演。勸玄くんは史上最年少での宙乗りを披露するなど、天国から見守る麻央さんに向けて精一杯舞台を務める姿が話題となりました。

「なんと可愛いのでしょう」亡き妻と父との共通点を語る

舞台上では妻を無くした悲しみを微塵も感じさせない、見事な演技を見せている海老蔵さんですが、やはり普段の生活の中では端々に麻央さんの影を感じてしまい涙することも多いといいます。

そんな彼が、麻央さんと亡き父・市川團十郎さんとの共通点について思いをめぐらせたブログが話題を呼んでいます。

2人の共通点は
昨日のブログでお気付きの方がいましたが、
なんでも
名前を書くこと、

なんと可愛いのでしょう。

父も60越えても
歯ブラシやら何やらに
夏雄と、
書いてありました。

生年月日や方位で運勢を占う「九星」がともに九紫火星であるという共通点があったという麻央さんと團十郎さん。

そのほかにも、持ち物には何にでも名前を書いてしまうという共通点があったのだそうです。写真に映るハサミにも“マオ”と名前が書いてありますね。

最大の共通点は…

他人でありながら、不思議と似た部分が多かったという麻央さんと團十郎さんの、一番の共通点とも言えるのが…

そして

2人とも私に限りない愛を注いでくれた

なによりも、海老蔵さんに溢れんばかりの愛情を注いでくれたことが、2人に共通していたことだったと振り返り、改めて麻央さんと團十郎さんの早すぎる死を悼んでいる様子でした。

勸玄くんには特別な思いも

團十郎さんが亡くなった翌月に誕生した長男・勸玄くん。

実は、集中すると周りの音が耳に入らなくなってしまったり、夜空や植物が好きな点など、生まれ変わりかと感じてしまうほどに團十郎さんにそっくりなのだそうです。

また、愛する妻との間に授かったかけがえのない宝物でもある勸玄くん。
亡き父と妻の姿を感じる存在であるだけに、一緒に舞台に立つことにはこれまで以上に特別な思いを感じていることでしょう。

偉大な血を受け継ぎ、天国のお母さんのために最年少での宙乗りという大きな挑戦を成し遂げた勸玄くん。今後の成長や活躍が楽しみですね。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

はむぽよ このユーザーの他の記事を見る

【Spotlight公式プラチナライター】
海外ドラマや海外セレブも大好きです。

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • 恋愛
  • エンタメ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら