突然ですが皆さん!

このビキニ姿の女性、一体、何歳だと思いますか?

細いウエスト。引きしまったヒップ。さらに圧巻なのが、スラリと伸びた細くて長い脚。

彼女は、世界で一番美しい街とも言われる、西オーストラリアの州都「パース」を拠点に活躍する女性実業家“Carolyn Hartz”さん。

いかがですか?何歳に見えますか?

さすがに20代とは言いませんが、30代と言われれば納得してしまう…その美しさ。

では、正解を発表したいと思います。現在、海外を中心に話題沸騰中のCarolynさん。その年齢はなんとびっくり!

御年70歳!

だったんです!

若い女性と並んでも、全く見劣りしない美貌&スタイル。これは世界中から注目が集まっているというのも頷けますよね。

70歳になってもビキニを着れる…その驚きの理由とは?

実はCarolynさん。30年ほど前までは、こんなに美しいスタイルではなく、中肉中背、ごくありふれた体型だったそう。また、とにかく甘いものが好きだったそうで、ケーキやお菓子、ジュースなど、自他ともに認める「砂糖中毒」だったとのことですが、それが原因でCarolynさん。なんと前糖尿病(糖尿病予備軍)であることが判明。当時、酷く落ち込んだのだとか。

暴飲暴食をしていた自分を恨んだというCarolynさん。

しかし、すぐに改善する事を決意したCarolynさんは、これまでの生活を一変!

砂糖を断つことに!!

砂糖を完全に断ち切る為、よく利用していたというテイクアウトをやめ、自炊にシフト。さらに

■(自分の体は)何を食べればイライラしないか
■どんな食べ物を食べれば幸せになれるのか
■何を食べたら仕事のモチベーションがあがるか

などを事細かにメモし、糖質制限をスタートさせたというCarolynさん。

ちなみに彼女の1日のメニューはこんな感じ。

朝食:バナナ・キウイ・スクランブルエッグ・トマト・サーモン・グルテンフリーのトースト・紅茶

モーニングスナック:果物・10〜12個のアーモンド(またはチーズと2個の米ビスケット)・お茶

昼食:チキン・アボカド・フェタチーズ・トマト・サラダ・サーモンなど

午後のおやつ:クッキー(砂糖の入っていないもの)

夕食:サラダ・鶏肉か魚の蒸したもの。

デザートは、アーモンドミールやココナッツのような栄養成分を使って、自分で焼き上げるそうです。

元々、料理が好きだったというCarolynさん。自分で作ればうっかり砂糖を摂るという事もありませんもんね。

また、1週間のうち4日間はみっちりと働き、週末3日は休むようにしているというCarolynさん。最近はもっぱら「テニス」と「ヨガ」に夢中だそうです。

自らの経験をもとに“天然糖分キシリトール”を使用したスイーツ事業を立ち上げる!

2002年、砂糖を一切使用しない、天然の甘味料「キシリトール」のみを使ったスイーツを販売する会社「スイートライフ(sweet life)」を立ち上げたCarolynさん。

自らがモデルとなり活動!

ダイエットに敏感な若者たちや、健康上の理由で砂糖の摂取を控えなければならない人たちに絶大なる人気を誇っているそうです。

あまりの美しさに…大手ネットメディアも続々と報道!

雑誌にもビキニ姿のCarolynさんが!

しかし…何度見ても70歳には見えませんよね。

砂糖を断ち切った事で得た美貌&スタイル

孫と一緒にスイーツを作る事がなによりもの楽しみなの

と話していたCarolynさん。もし、28年前に砂糖を断ち切っていなかったら、ここまでの美しさ。きっと保てていなかったに違いありませんね。

10年後のCarolynさんは、さらに美しさUP!?興味を持った方、魅了された方は彼女のInstagram。覗いてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら