記事提供:しらべぇ

仕事中にサボってしまった経験は、誰にも一度くらいはあるだろう。しかし、給料を受け取る以上度が過ぎてはいけない。

今、あまりに不適切なサボり方をしていた男性のニュースが、ネット上で注目を集めている。

■職場のPCで150時間もエロサイト閲覧

9日、業務用のパソコンでアダルトサイトを閲覧していたとして、神戸大学は障害者雇用促進室に勤務する男性(50代)を停職2カ月の懲戒処分にしたことを発表した。

大学の発表によると、男は平成27年11月から昨年12月までの約1年間に、合計150時間にわたり成人向けサイトを閲覧。勤務時間内での閲覧は120時間に及んだそうだ。

大学の調査に対し、男性は「ストレスを解消したかった」と話しており、主に他の職員が外出した際や、昼休み中などに閲覧していたとのことだ。

■驚き呆れるネット民

この報道に対し、Twitter上では呆れる人が続出。150時間のうち、勤務時間に含まれていない「30時間」について気にするツイートも確認できる。

・50代の職員が業務用PCで年150時間アダルトサイトを見てたとはたまげたなぁ

・コネ採用か何かなのか?こんなのクビだろ普通…

・残業したのか?

・昼休憩じゃなきゃ、残業してやがる

・各大学に情報通信を監視統括する部門あるだろうけど、みんな黙ってるだけでバレバレだぞ

・思った以上にめっちゃ見てて草

出典しらべぇ

■「仕事をサボりそうな街」ランキングでは…

ちなみに、しらべぇ編集部が行った「仕事をサボりそうな街」という調査では、神戸は最下位だった。

あくまで一例に過ぎないものの、世の中のイメージを華麗に裏切った今回のニュース。お愉しみは、家に帰ってからするようにしよう。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年12月16日~2016年12月19日
対象:全国20~60代の男女1378名(有効回答数)

権利侵害申告はこちら