KAT-TUNの亀梨和也さんが、日本テレビ系「しゃべくり007 春の2時間スペシャル」にゲスト出演し、メンバーの脱退時の心境や、自身の脱退の可能性を告白。

その発言が、反響を呼んでいます。

■メンバーが6人から3人になったKAT-TUN

2001年に6人で結成し、2006年にメジャーデビューを果たしたKAT-TUN。

ジャニーズとしては珍しくヤンチャなイメージで人気を集め、デビュー曲「Real Face」はいきなり100万枚を突破。

その後、2010年に赤西さん、2013年に田中さん、2016年に田口さんが脱退し、現在は亀梨さん、上田さん、中丸さんの3人で構成されますが、現在は事実上活動休止状態で、それぞれが個人で活動しています。

■有田哲平「充電なの?復活してくれるの?」

出典 http://www.ntv.co.jp

そして今回、「しゃべくり007」に、亀梨和也さんが登場。

MCの上田晋也さんから充電期間中の近況について「上田くん、中丸くんと連絡取ったりは?」と質問された亀梨さんは「用があれば…。"あけましておめでとう"とか」と苦笑。

しゃべくりメンバーの有田哲平さんからの「充電なの?」「復活してくれるの?」との質問に対し…

「充電です。近い将来、ちゃんとまた集まって…」

出典日本テレビ系「しゃべくり007 春の2時間スペシャル」2017.4.3放送

亀梨さんは、近い将来の活動再開を明言!

■「まんまと辞めやがったので」田口が突然脱退

「4人になった時も(番組に)呼んでいただいて『また一人辞めんじゃないの?』って…(その後)まんまと辞めやがったので…

出典日本テレビ系「しゃべくり007 春の2時間スペシャル」2017.4.3放送

赤西さん、田中さん脱退後の4人時代にも「しゃべくり007」に出演していた亀梨さん。その際「また一人辞めるんじゃないの?」と突っ込まれるシーンもありました。そしてその後、田口さんが「まんまと」脱退。

■「僕も信じてたんですよ!何なら僕が一番信じてた」

Licensed by gettyimages ®

今度は原田泰造さんが「あの時言ったよね?『もう辞めません』って言ったよね?みんな信じたんだよ」」と当時の約束を厳しく追及。

僕も信じてたんですよ!何なら僕が一番信じてたんですよ!でも急に『己の道を』ということで。己の道か…って。そこはね、急に人生の話をされてしまったらなかなか(引き留められない)」

出典日本テレビ系「しゃべくり007 春の2時間スペシャル」2017.4.3放送

亀梨さんはメンバーを信じての約束だったようで、あの時は予想もしていなかったのでしょう。

「(結束は)強いと思いますよ。もし次、誰か辞めることになったら自分を疑いますね。自分の感覚っておかしいのかな?」と、しゃべくりメンバーから3人の結束について疑われた時に発言されていました。

■上田「君が抜けるって可能性もあるよね?」

「それはないです。自信を持って」

出典日本テレビ系「しゃべくり007 春の2時間スペシャル」2017.4.3放送

上田さんから「君が抜けるって可能性もあるよね?」と追及されるも、亀梨さんはその可能性をキッパリ否定。ファンからは安堵の声が上がっていました。

■「KAT-TUNにはとにかく幸せになって欲しい」ネットの声

脱退を笑いでネタに出来るようになったのかな?結構、それ振られるけど、最近は余裕で返してる感じすらある。早く再始動してくださいね。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp

再始動を望む声が圧倒的多数。そしてもちろん「脱退はないと言い切ってくれて嬉しい」との声も。

亀梨君がメンバーを信じていたのはよく分かる。むしろ解散しないでくれてありがたいよ。応援してます。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp

解散しないでいてくれてありがとう。

5人になった時、4人になった時。本当にKAT-TUNの3人は信じていたと思う。これで心を一つにして前に進めると。何度もその思いを打ち砕かれて苦しかっただろうな。KAT-TUNにはとにかく幸せになってもらいたいです。

出典 https://headlines.yahoo.co.jp

苦しかった分、皆さんの幸せを願います!

KAT-TUNはいろいろと大変だよね。でも、今の3人みんな頑張ってると思うし応援してます。個々が活躍の場を広げて、いつかまた集まったときによりパワーアップしたKAT-TUNになってるといいですね

出典 https://headlines.yahoo.co.jp

充電期間に入る直前、TBS系「櫻井・有吉THE夜会」に出演した際には、「KAT-TUNをなくさないよう頑張りたいけど、グループでの活動をやり続けることだけじゃないんじゃないか。1回意識的に休んで、個々で仕事していける力をつけなきゃいけないんじゃないかと、充電を選んだ理由を説明していました。

Licensed by gettyimages ®

脱退のたびに胸を痛め、元メンバーを憎んだことがあったかもしれませんし、メンバーや自分を信じられなくなったこともあったかもしれません。

それでもファンに支えられ、ファンを信じているからこそ乗り越えながら前進しているのでしょう。そしてファンの皆さんにとっても気持ちは同じ。

3人の個人活動はもちろん、KAT-TUNの再始動に期待しましょう!

この記事を書いたユーザー

苺いちえ このユーザーの他の記事を見る

Twitter、Facebookでのシェア大歓迎です♡よろしくお願いします♪

権利侵害申告はこちら