2月9日、日本マクドナルドホールディングス(HD)が発表した2016年度12月決算は、純損益が前年度349億円の赤字から3年ぶりに53億円の黒字に転じました。

2014年、2015年に頻発した異物混入などで大幅に落ち込んだ売り上げが、新メニューや店舗リニューアルなどが業績改善に取り組む結果が現れたようです。

マクドナルドにちなんだ話をひとつ

「M」マークは頭文字ではなかった

日本最大の店舗数を誇り、好きなファーストフードランキングのトップをキープするマクドナルド。マクドナルドといえば、「M」のロゴマークを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

車でお出かけの際にどこに行っても必ず見かける「M」のマーク。マクドナルドのドライブスルーを目指すには、「M」の看板が目印となりますよね。実はあのMのロゴマークは、マクドナルドの頭文字のMではないということをご存知でしょうか?

マクドナルドの歴史

マクドナルドは、現在世界119ヶ国3万軒以上の店舗数を誇る世界最大の外食チェーン。この有名なMのロゴマークは2本の交差する金色のアーチで構成され、何年にも渡り開発されたものです。

1937年、Patrick McDonaldパトリック・マクドナルド)はロサンゼルス北東のモンロビア空港近くのルート66で「The Airdrome」と呼ばれたホットドッグスタンドをオープン。

1940年、パトリックの息子、Richard(リチャード)とMaurice(モーリス)が、カリフォルニア州サン・バーナルディーノに店舗を移転し、ファーストフードをコンセプトとした世界発のマクドナルドレストランをオープンしました。

世界で最も有名な「M」ロゴマークの不思議な話

1952年、リチャードとモーリスは、ユニバーサル・スタジオのデザインを手がけたLAの建築家、Stanley Clark Meston(スタンリー・クラーク・メストン)と彼のアシスタント、Charles Fish(チャールズ・フィッシュ)により、沿道にフランチャイズできるマクドナルドレストランの設計を計画しました。

兄弟は運転手とお腹の空いた家族の目を引くようにと、両サイドから交差して見える2つのアーチを、高さ25フィート(およそ7.6m)の天辺にネオンのついた「ゴールデンアーチ」に変更。最新の建築によって、わずか15セントのハンバーガーが100万ドルもの価値がるように見えたようです。

マクドナルド兄弟から会社を買収したRay Kroc

その後、リチャードとモーリスは、フランチャイズを着実に展開させていくのですが、1955年にフランチャイズマネージャーに任命されたRay Kroc(レイ・クロク)は、兄弟からマクドナルドを買収。

クロクがマクドナルドをグローバル企業に成長させ、ゴールデンアーチを撤去し、1968年に完成したMロゴマークに変更したのです。

「M」マークの意味とは?

「Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal」の著者、Eric Sc​​hlosserによると、マクドナルドが1960年代にゴールデンアーチを下ろすことについて考えた時、クロクらはデザインコンサルタントで心理学者のLouis Cheskin(ルイス・チェスキン)に意見を聞いたのです。

チェスキンは非常に興味深い理由から、マクドナルドチェーン店にアーチを保つように指示したそうです。心理学者の立場から考えた、顧客を引きつけるための戦略だったようです。

フロイトが象徴する「お母さんの豊かなおっぱい」

The M stands for McDonald’s, but the rounded m represents mummy’s mammaries, acccording the design consultant and psychologist Louis Cheskin. In the 1960's McDonald's was prepared to abandon this logo, but Cheskin successfully urged the company to maintain this branding with its Freudian symbolism of a pair of nourishing breasts.

出典 http://www.bbc.co.uk

「Mはマクドナルドを象徴するマークですが、丸いMはミイラの乳房を表していると、デザインコンサルタント兼心理学者ルイス・チェスキンの言葉です。1960年代、マクドナルドはこのロゴを放棄する準備が整いましたが、

チェスキンはこのブランドを、フロイトの象徴主義である「母の栄養ある豊かなおっぱい」を維持するようにと促すことに成功しました。」(※上記翻訳)

チェスキンの話によると、ゴールデンアーチは「お母さんのおっぱい」のような豊かな胸に似ていたということです。このアドバイスにより、マクドナルドはMのゴールデンアーチを保持したといいます。

マクドナルド「M」ロゴマークの知られざる意味に驚愕

日本でマクドナルドの第1号店がオープンしたのは、1971年7月20日、銀座三越店でした。すでに現在のMロゴマークで定着しているため、マクドナルドのロゴマークの歴史などあまり知られていないようですね。

Mのロゴマークの所以は、「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(テレビ朝日系)で、『マクドナルドの「M」は、シカゴ1号店に遠くからでも店が目立つように設置されたゴールデンアーチという金色の2本のアーチを基となっている』と紹介されたことがありました。

ゴールデンアーチが由来であることは一部の方はご存知かもしれませんが、マクドナルドのMロゴマークの背景に「お母さんのおっぱい」の意味が隠されていたとは驚きです。

これを機に、マクドナルドの看板を見る際は、女性のおっぱいを想像する男性が急増してしまいそうですね。ドライブスルーに入る際は、車の事故にくれぐれもご注意を。

この記事を書いたユーザー

cocon☆hanna このユーザーの他の記事を見る

キャリアカウンセラーの道を目指し、資格取得後オンラインカウンセラーとしてデヴュー。WEBライターとして活動をはじめ7年になります。人に「読まれる・読ませる」ライターを目指しています☆

権利侵害申告はこちら