御年なんと60歳、その若々しい姿が印象的な南雲先生ですが、実はアラフォー時代、今よりも見た目が老け込んでいた時代があることをご存知ですか?


それは、父親の病院を継いだ38歳ぐらいの頃のこと。

仕事の重圧のために暴飲暴食が続き、気がつけば見た目が一気に老化したといいます。


体の具合も悪くなり、「このままではいつまでも元気でいられないな」と感じていたのだとか。


そんな南雲先生を大きく変えたのが、山﨑農園さんのごぼうとの出会いでした。

今回は、南雲先生監修の「つくば山﨑農園あじかん焙煎ごぼう茶」の秘密と魅力に迫ります!

実は、今回紹介する「つくば山﨑農園あじかん焙煎ごぼう茶」は、30年以上ごぼうづくりに取り組む山﨑恵造氏のこだわりと、監修した南雲先生のアドバイスによって誕生した商品です。

その誕生の裏には、南雲先生の抱えていた悩みが大きく関係していました。

南雲先生監修のごぼう茶誕生のきっかけとは?

南雲先生が山﨑農園さんと知り合ったのは、南雲先生が30代とは思えない見た目と、毎日のドンヨリに悩むようになったころ。

「本物のごぼうを食べさせてやる」と言われていただいた採れたてのごぼうは本当に美味しくて、長年悩んでいたドンヨリもスッキリしたのだそうです。

ただ、ごぼうは毎日料理するのが大変ですし、塩分や油が加わっちゃうと、必ずしもすっきりや健康のためになるとはいえません。

そこで、広島の食品メーカー「あじかん」に依頼。何度も試作を繰り返して誕生したのが、「つくば山﨑農園あじかん焙煎ごぼう茶」です。

今では健康に関する書籍を数多く執筆し、TVの健康番組にも多数出演する南雲吉則先生。

彼の抱えていた悩みがなければ
、この商品は誕生しなかったかもしれません。

広島の食品メーカー「あじかん」って?

出典 http://www.ahjikan-shop.com

昭和37年に創業した食品メーカーです。食品づくりをスタートさせてから50年。

ただひたすら、お客様に喜んでいただける商品やサービスを提供し続けています。

本物への味のこだわり、頑固なまでの安全性の追求、そして50年に及ぶ信頼と実績で、多くの方から高く評価されています。

年齢よりも若々しい気持ちになりました。
本でごぼう茶のことを知り、飲むきっかけになりました。ごぼう茶は健康によいと聞いたので、毎日おいしく家庭みんなで無理なく続けております。(50代女性)

出典 http://www.ahjikan-shop.com

いつもの生活にごぼう茶プラスで理想のカラダキープ
暖かくなり薄着になる季節に理想のカラダをキープしたいと思い、ごぼう茶を始めました。ちょうど一年たちますが、以前と変わらず同じカラダをキープしています。(40代女性)

出典 http://www.ahjikan-shop.com

\あの南雲先生が監修!/
よく1日何杯までのんでいいか聞かれますが、ごぼう茶はカフェインのように中毒になることもないので、水の代わりに朝から晩まで飲んでも大丈夫です。ごぼう茶はどなたでも安心してご愛飲頂けます。(南雲吉則)

出典 http://www.ahjikan-shop.com

※個人の感想であり、効果・効能を示すものではございません。

今ならお試しサイズが特別価格!

30包入り3,702円のところを...
7包入り600円で試せるそうです!

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら