オランダのロッテルダム・クラリンゲンの市電の駅には、10年間、毎日飼い主が戻ってくるのを待っている愛らしい猫がいました。

出典 https://www.facebook.com

ベンチに猫がいるのがわかりますか?

この猫の名前は、『アケ』。

出典 https://www.facebook.com

アケ

アケは、毎日ずっとこの寒い市電の駅で過ごし、飼い主が電車から降りてくると車に乗って一緒に家に帰ります。

出典 https://www.facebook.com

市電に乗って帰ってくる飼い主をずっとこの駅で待っています。

10年も毎日、この行動を続けているアケには、たくさんのファンができました。

出典 https://www.facebook.com

アケのファン

出典 https://www.facebook.com

アケのファン

出典 https://www.facebook.com

アケのファン

出典 https://www.facebook.com

アケのファンはたくさんいます。

人々はアケと一緒にセルフィーを撮り、フェイスブックに投稿することが多かったそうです。

出典 https://www.facebook.com

アケとセルフィー

出典 https://www.facebook.com

アケとのセルフィーを撮る人たちがたくさんいました。

出典 https://www.facebook.com

そして撮影したセルフィーは、フェイスブックに投稿されていました。

アケがあんまり人気があるため、アケ専用のフェイスブックページが開設されました。

この駅には、下記のようなアケのための看板もありました。

出典 https://www.facebook.com

「この席は白黒ネコ専用の席です」と書かれています。

出典 https://www.facebook.com

ここは”アケ専用スペース”なのです!

アケはそれほど有名で、それほどみんなから愛され、それほど認められていたのです。

出典 https://www.facebook.com

アケはこの駅では、超有名なネコでした。

市電の運転手をしているステファンさんは、「どんなに雨が降っていても、どんなに駅が混雑していても、誰も猫をどけろ!とは言いませんでした。」と語りました。

出典 https://www.facebook.com

ステファンさんとアケ

「私はこの駅に10年間、電車を走らせてきましたが、毎日、アケはそこにいました。やがてアケのことを学生たちや地元の人たちが気づいてからというものは、餌を与えたりもしていました。皆、とてもアケのことをかわいがっていました。

アケは時々、電車に乗り込んで来ることがありました。でも、市電の運転手は全員アケのことを知っていたので、迷子にならないように、再びこの駅にアケを連れ戻していました。」とステファンさん。

出典 https://www.facebook.com

アケは時々、電車に乗っていました。

アケはまるで人間のように、電車に乗ってきていたそうです。

出典 https://www.facebook.com

アケは自分が人間だと思っていたのかもしれません。

アケの23歳の飼い主さんは、アケがこんなに有名になるとは想像もしていなかったのでびっくりしていたそうです。

出典 https://www.facebook.com

アケはメディアの取材もうけていました。

アケが人々から可愛がられ、有名になったことは喜ぶべきことかもしれませんが、いろんな人々がいろんな餌をアケに与えてしまったため、アケは慢性疾患を抱えてしまいました。

出典 https://www.facebook.com

アケは超有名ネコになっていました。

そこで飼い主は、アケのフェイスブックページにあることを書き込みました。

「アケをかわいがっていただくことは、とてもありがたいのですが、アケは慢性疾患を抱えています。アケは尿道疾患になってしまいました。そのため私はアケを何度も獣医に連れて行ってます。アケは特別な療養食だけを食べなければなりません。なのでアケに餌を上げないでください。アケは現在、とても危険な状態になっています。」

出典 https://www.facebook.com

可愛がってもらいいろんな人たちがいろんな物をアケにあげてしまったことで、アケは病気になってしまいました。

このことによって、人々はアケが健康になるようにと、餌を与えることはもう止めてくれたそうです。

出典 https://www.facebook.com

アケは飼い猫なので、お腹は減っていないのです。餌は飼い主さんが与えるだけでいいのです。

その後も、アケの人気が落ちることもなく、アケはあらゆるメディアの取材を受けました。

出典 https://www.facebook.com

アケは誰にでも人懐っこいネコでした。こんな大きなカメラを向けられても平気でした。

アケの飼い主は、アケのフェイスブックに人々がいろいろ投稿することで、アケがその日どのように駅で過ごしていたのかを知るような日々でした。

出典 https://www.facebook.com

その後もいろんな人たちにアケは可愛がられました。

出典 https://www.facebook.com

アケと写真を撮った人たちは、アケのフェイスブックに投稿していました。

そんなアケが突然、虹の橋を渡ってしまいました。

出典 https://www.facebook.com

飼い主の家でアケは旅立ちました。

上記飼い主さんの写真とともに、アケが虹の橋に旅立ったとアケのフェイスブックにオランダ語で書かれていました。

オランダ語なので、ちゃんとは訳せませんが、2015年9月30日の投稿に、「アケは日曜日に亡くなりました。13歳でした。アケはとても特別な猫でした。私はアケのことを忘れません。」という意味の投稿がありました。

出典 https://www.facebook.com

永遠に愛しています。 

アケの永遠の別れを知り、アケのフェイスブックには1,455件のお悔やみの言葉が投稿されました。(実際はもっとあるかもしれません)


非情に残念です。市電駅のネコ(アケ)は私にとってもとても特別なものでした。

とても悲しいです!アケのために祈ります。飼い主さんのためにも、そしてアケのことを愛していた人々のためにも。アケが安らかに永眠できますように。

ああ、なんてことでしょう!非常に残念です。彼(アケ)はとてもたくさんの人々に愛された素晴らしい猫でした。

私たちはあなたを愛しています!私たちの日々を明るくしてくれてありがとうございました!

とても残念です。私はここで彼の写真を観るのがとても好きでした。

アケ、大好きでした!とても悲しいです。でも、虹の橋にいちゃったんですね。

とアケが永遠に旅立ってしまったことを悲しむ人々のコメントが他にもたくさん入っています。

出典 https://www.facebook.com

アケは本当に人々から愛されていました。

出典 https://www.facebook.com

ここでアケに会うことを楽しみにしていた人たちがたくさんいました。

出典 https://www.facebook.com

アケは毎日、たくさんの人々を幸せにしていました。

出典 https://www.facebook.com

アケのTシャツができました。

出典 https://www.facebook.com

アケはみんなのアイドルだったのです。

出典 https://www.facebook.com

駅に行けば、まだアケがいるような気がします。

出典 https://www.facebook.com

10年間、アケはたくさんの人々の笑顔を誘いました。

「アケ、ありがとう」

きっとみんなが思った言葉です。

出典 https://www.facebook.com

尚、これらの写真の掲載につきましては、Tram-Poesさん(アケのフェイスブックページ)の許可をいただいております。

I will dedicate this article to an eternal cat ”AKE".
Ik zal dit artikel naar een eeuwige kat "AKE" wijden.
この記事は永遠のネコ”アケ”に捧げます。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 社会問題
  • 美容、健康
  • コラム
  • 感動
  • ニュース

権利侵害申告はこちら