“筏の上のレストラン”
なんとも興味深いワードを知り一体どんなレストランなのか調べてみました。

出典宮崎県延岡市

そのレストランは宮崎県延岡市の「東九州バスク化構想」の実現に向けたプロジェクト第一弾として企画されたもの。

紹介動画を見てみると“お客様”として選ばれた2組のペアに「美食ミステリーツアーご招待」と記載された招待状が届き、2組は目隠しとヘッドフォンをされたままある場所に案内されます。

出典宮崎県延岡市

到着した場所はあるレストランの一室。
目隠しを外すとウェイターが登場しテーブルの上にメニューを運んでいきます。
次々に登場する美しく洗練された料理。
招待客は一つ一つの料理をゆっくりと味わいながら口にしていきます。

出典宮崎県延岡市

全てのメニューを食べ終えオーナーシェフが挨拶。
しかし、そこに現れたのは東京・京都の両店でミシュランの星を獲得する名店フレンチレストラン「ランベリー」オーナーシェフ岸本直人氏でした。

出典宮崎県延岡市

いったいここはどこなのか?
すると次の瞬間、真っ白い壁が4方に開き、あたり一面が青い海に。
そして、そこで待っていたのは“食材の宝庫”延岡を支える生産者の方々でした。
生産者の方々は、それぞれ自慢の食材を手に「ようこそ延岡へ!」とお出迎え。
ここがどこなのか?いったい何の企画なのか?何も知らされてなかった招待客は、ド派手なサプライズに心からの笑顔と拍手で応えました。

出典宮崎県延岡市

おーこれは是非行ってみたい!
っと思って詳細を調べていくと、このレストランは1日限定でオープンしたものであることが判明。
延岡市「東九州バスク化構想」を県内外への発信するために企画されたものでした。

しかし、地元生産者がそれぞれの食材を持って迎える姿にほっこりしてしまう、なんとも心温かい動画でした。

筏の上のレストラン

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

toshiちゃん このユーザーの他の記事を見る

いつも世の中の話題のきっかけを探求しています。政治ネタから面白ろネタまで気になる情報を紹介していきます。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • おでかけ
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら