私の妻は働かない
私の妻は働かない!!!

夫(H)と心理学者(Q)との会話:

Q:ロジャーさんは何の仕事をしていますか?
H:私は銀行の会計士として働いています。

P:あなたの妻は何をして働いていますか?
H:彼女は働いていません。 彼女は主婦です。

Q:あなたの家族に朝食を提供するのは誰ですか?
H:私の妻です、彼女は働いていないので

Q:あなたの妻は何時に起きますか?
H:彼女は、早起きします。 彼女は子供のためのお弁当を用意し、彼らがちゃんと服を着ているかどうかをチェックし、朝食を食べさせ、歯磨きをさせ、学校に持って行く物を確認します。彼女は赤ちゃんと一緒に目を覚まし、おむつや服を交換します。 母乳をやって離乳食も作ります。

Q:あなたの子供はどうやって学校に通っていますか?
H:私の妻は働いていないので、子供たちを学校に連れて行っています。

Q:子供を学校に連れて行った後、彼女は何をしますか?
H:通常、何を外でやるか考えて行動しています。効率よくやらないと何度も赤ちゃんをチャイルドシートに固定しなければならないので。スーパーマーケットで買い物をしたり、何かの支払いに行ったり、時々、買い忘れた物があれば、再び、赤ちゃんをチャイルドシートに固定して、また出かけなければなりません。 家に帰ると、彼女は赤ちゃんに昼食の離乳食を食べさせ、母乳を再び与え、おむつを交換して昼寝の準備をし、キッチンを片づけてから洗濯と掃除をします。 彼女は働いていないので、それらを行っています。

Q:夜、あなたは帰宅後に何をしていますか?
H:もちろん、休息です。 私は銀行で一日中働いているので疲れています

Q:あなたの妻は夜に何をしていますか?
H:彼女は夕食を作り、子供たちに食べさせ、食器を洗います。そして、犬がちゃんと食事をしたか確認します。 それから子供たちの宿題を手伝った後、彼らにパジャマを着せ寝る準備をし、赤ちゃんには新鮮なおむつを着用させ、暖かい牛乳を与え、子供たちに歯磨きをしたことを確認します。 いったんベッドに入ると、彼女は頻繁に目を覚まして授乳をし、必要に応じておむつを交換します。 だって、彼女は朝、出勤のために起きる必要はないからです。

これは世界中の子を持つ主婦たちの1日です。主婦の仕事は、朝から夜まで続きます…これでも”妻は働いていない”と言えますか?!

主婦には卒業証書はありませんが、家族の生活に大事な役割を果たしています。

妻として、母親として、祖母として、叔母として、姉妹として、娘としてその立場を楽しみ、感謝しましょう。

彼女たちが経験する犠牲はとても貴重なものがあります。

誰かが彼女に尋ねます。

あなたは仕事をしていますか?あるいは専業主婦ですか?

彼女は答えました:
私は1日24時間、専業主婦として働いています。

私は母親です。
私は女性です。
私は娘です。

私は目覚ましです。
私は料理人です。
私はメイドです。
私はバーテンダーです。
私はベビーシッターです。
私は看護師です。
私は従業員です。
私は警備員です。
私は世話役です。

私には休暇はありません。
私には免許もありません。
私は昼も夜も働きます。

私は1日中勤務時間があります。
でも、私にはお給料がありません。

それなのに、よく言われること:
「1日何をして過ごしているの?」

家族のために人生を捧げるすべての女性たちはまるで塩のようです。
彼女の存在は印象には残りませんが、でも、もしいなければそれは味がない食べ物みたいなものです。

あなたの人生をこれらの美しい女性たちと共有してください。

出典 https://www.facebook.com

Picture credits go to:Ricky Mujica

上記はフロリダ州在住のタトゥーアーティストRyshell Castleberryさんが
フェイスブックに投稿したものを日本語に訳したものです。

(これは翻訳なので、彼女の言わんとするニュアンスが多少伝わりにくいかもしれませんが…。)

彼女のこの投稿は、フェイスブックで爆発的人気になりました。

64万人のイイね!超いいね!、シェアは30万件を超えており、コメントは400件以上となっています。

これ、凄く凄くいいです!

アーメン

男性にはわからないわ。

これは素晴らしいです!!

あなたは更に大学に通っているし、働いている、その上で母親をやっていますよね。私はあなたを尊敬します。

ええ、私も主婦、母親、そして働いているわ。

心に沁みます。

など、たくさんの称賛するコメントが殆どですが、中には「それらすべてをして更に働いている女性だっているのよ!」と批判的なコメントもあります。

ただ、これを書いた女性も、大学で学び(米国は歳がいくつでも大学に行って学ぶ人が多い)、タトゥーアーティストとして働いているのですが、この文章だけ読むと、彼女は専業主婦だと思われたのでしょう。そこだけ読んでいても、その人のすべてはわからないという事です。

彼女は、”たとえ外に働きに出ていなくても、専業主婦も大変な仕事をしているのだ”ということを書きたかったのだと思います。

今は、専業主夫もいますし、シングルファザーもいます。

これを読んでそれぞれ思うことはあるかと思われますが、フェイスブックで一般の方の投稿で60万人もの人たちがいいね!と反応するということは、素直に凄い!!ということは誰もが認めることでしょう。

尚、この記事の投稿につきましては、Ryshell Castleberryさんの了承を得ております。

Ms Castleberry, thank you for sharing a wonderful story.

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら