スターウォーズでレイア姫役を演じた女優のキャリー・フィッシャーさんが、12月23日(金)にロンドン発ロサンゼルス行きの飛行機内で致命的な心臓発作に襲われ、その後死去されました。往年60歳でした。

キャリーさんの緊急事態の報せを受けた家族は、彼女の最愛の犬であるフレンチブルドッグのゲイリーを連れて彼女の元へと駆け付けたということでした。

私はここでマミーが戻って来るのを待ってます。

上記ツイートは、キャリーさんが心臓発作を起こした翌日に投稿されていた、キャリーさんの愛犬ゲイリー用のTwitterアカントでのツイートです。

Carrie Fisher's Dog さんのツイートでは、キャリーさんの様子がツイートされていました。

キャリーさんはロスへの着陸約15分前に心停止となり、機内でCPRが行われ、到着後UCLAメディカルセンターに救急搬送されました。

悲しいつぶやきです。マミーは逝ってしまいました。愛してます。

一時は容態が安定したとの報道もあったのですが、残念ながら、キャリーさんが戻ってくることはありませんでした。

キャリーさん訃報を報せるこのツイートはわずか数時間で3万件以上リツイートされ、 1,200件以上のお悔やがツイートされています。現在もそれらは増え続けています。

私はいつもあなたの側にいました、あなたは常に私のものでした。

「非常に非常に悲しい。 私は大きな画面で彼女を再び見ることを楽しみにしていました。」というファンからのツイートに対して、Carrie Fisher's Dogさんは「2017年公開のエピソード8で彼女を観れますよ。」とお返事されています。

スターウォーズ、エピソード8は取り終えていたそうです。

ママ、愛しているよ。

日本でもキャリーさんの訃報は、大々的に報道され、多くのファンの悲しみを誘いました。

キャリーさんの悲しみを惜しむ声、ショックを隠せない声、日本でもたくさんあがっています。まだ60歳という若さで…本当に残念です。

安らかに永眠されますことをお祈り申しあげます。

一番クールな犬がこれまでに最高にクールな人間と共にポーズ

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら