Twitterで話題沸騰中のハッシュタグ

#医療者をイラつかせる一言

これがとっても興味深かったので紹介したいと思います。

しんどい、熱がある、頭が痛い。そんな辛い時に、他人に気を遣うのは、かなり困難ではありますが、医療従者者だって…同じ人間。イラつかせる一言を言ってしまっては、後々、面倒な事になってくる場合だってあります。

もちろん、良識ある医療従事者なら、怒らせたからといって、医療方針が変わるという事はないと思いますが、同じ人間。感情もあれば、プライドだってあるわけで、その結果、細かい部分、気持ち的な部分での差。生まれてくることもあるでしょう。

なお、最初に断っておきますが、今回紹介するハッシュタグ「#医療者をイラつかせる一言」は

医療従事者を崇拝しろ!

と言っているのではなく

お互い人間として、当たり前のことをしましょう!

というモノ。ですので、その点をご理解のうえ、日頃、あまり目にすることがない…医療従事者たちの声。お聞きください!

#医療者をイラつかせる一言 ~開演~

「TVで言ってた!」

ここ数年、TVやネットで調べ、分かったつもりになって、その思い込みで勝手に話を進めようとする患者が多いという…医療現場。

「ネットに書いてあったんですけど…。」

ぶっちゃけ、私もよく言っていましたが、知らぬ間にコレ。イラつかせていたんですね。(泣)

「高給取りなんだから…。」

努力の結果…得た「高給」。

「お金をたくさん貰ってるんだから、その分、しっかり診てよ!」

というのは筋違いですよね。

医療従事者は神じゃない。

これ、歯医者で何度か言った事がある。即答で「無理。」って言われたけど。

先生…眠いんスか?

これはキレる。(笑)

治す気あるの?

本当に休めない人もいるでしょうけれど、病院は一人だけのものじゃないわけで…。すげー具合悪いのであれば、すぐに検査すべし!

こんな身勝手な親に限って、赤ん坊に何かあったら、烈火のごとくキレ、訴訟を起こしたりするのですから…医療従事者も大変ですよね。

とにかく比較する。

診てくださっている医療従事者を信頼していないという感じにも受け取れる「前の先生は…」発言。これって、地味に、失礼な言葉ですよね。

失礼発言連発!

「大学どこですか?」「女の先生で大丈夫ですか?」

こんな質問されたら、診察する気なくなりますよね。

他にもたくさん!

これは知らなかった。今度から注意しよう。

どこの世界にもいる権力を振りかざす人」。これが一番迷惑。

「大丈夫。」

どこからその自信。来るのでしょうか?

これからは「#医療者を幸せにさせる一言」を発言していこう!

軽いモノから、ヘビーなモノまで飛び交っていた…ハッシュタグ「#医療者をイラつかせる一言」。なお、ほぼ同時に立ち上げられたハッシュタグ「#医療者を幸せにさせる一言」。これがとても素晴らしかったので、こちらも合わせてどうぞ!

医療従事者だって同じ人間。ちょっとした言葉、心遣いで、気持ちは変わってくるものです。

しっかりと感謝を伝えよう!

非常に興味深い「#医療者をイラつかせる一言」。なお、もう一度言いますが、このハッシュタグは、医療関係者を崇拝しろというモノではなく、お互い人間として当たり前のことをしましょう!というモノ。ですので、もし、何点か当てはまった方は、しっかりと自覚し、今後は“医療者を幸せさせる一言”が発せられるよう…努力して下さいね。

「ありがとう」は医療従事者にとって…魔法の言葉。以上、「医療従事者だって…人間だもの。ハッシュタグ“#医療者をイラつかせる一言”が興味深い!」でした!

この記事を書いたユーザー

kota60 このユーザーの他の記事を見る

豚骨ラーメンが超苦手な福岡在住ライター。家族や友人に話したくなる…そんなネタを中心に発信していきます!

なお、記事作成後、即ツイートしますので、誰よりも早く記事を読んでくれる方!ツイッターのフォロー(@thelovedtools)宜しくお願いします。

権利侵害申告はこちら