今年11月28日(月)午後10時ごろ、ニューヨーク市ブルックリン区にあるボーイフレンドのアパートにいたマヤ・フェアウエザーさん(18歳)は、生後5か月のピットブルの”アポロ”を連れて、レッドフック・レクリエーション・エリア公園に散歩に出かけました。

アポロはマヤさんのボーイフレンド・カルロスさんの犬でしたが、その時、彼は留守で散歩には同行していませんでした。

マヤさんは夜の公園で、アポロのリードを外して遊ばせていました。この時、マヤさんはヘッドフォンをしていました。

しばらくすると、誰かが後ろからマヤさんのヘッドフォンを外しました。

「私はてっきり、カルロスだと思い微笑みながら振り返ったのです。でも、それはカルロスではありませんでした。」

それはマヤさんの知らない男でした。

男はマヤさんのジャケットを掴み、彼女を地面に押し倒し、ズボンを脱がせようとしました。

「私の体は恐怖でいっぱいでした。私は目を閉じました。犯人の顔を見たら殺されると以前から聞いていたので、顔を見ないようにしたのです。本当に怖かったのです。」

それでも、マヤさんは、必死に抵抗しました。

この時、マヤさんは、アポロのリードをポケットに入れていたので、暴漢はマヤさんが犬を連れているとは気がついていなかったそうです。

マヤさんの異変に気が付いたアポロがすぐに駆け付けて来ました。

そして、アポロはマヤさんを襲っていた暴漢の足に噛みつきました。それはそれは激しく噛みついていたため、暴漢の男が足を振り払っても、アポロはけして離れませんでした。男は「F△△K!」と叫んでいたそうです。

その隙にマヤさんは走って通りの向こう側に逃げました。

アポロはそれを確認したかのように男の足を解放し、その後、男は走って逃げて行ったそうです。

マヤさんは必死でアパートに駆け戻り、話を聞いたカルロスさんの姉のデストニーさんが警察に通報しました。

実際のニュースの動画有り

「アポロは私のことを守ってくれました。もし、アポロが助けてくれなければ、私はどうなっていたか判りません。私は運が良かったです。」とマヤさんは報道陣のインタビューに答えています。

「アポロはとてもフレンドリーな犬で、これまで誰も噛んだことはありません。だから、暴漢にアポロが噛みついたことは驚きです。でも、噛みついてくれて助かりました。」

カルロスさんの母親のソニアさんは、最初は犬は飼いたくないと思っていたそうです。しかし、今回のことで彼女の考え方は変わったそうです。

「私はその場にいませんでした。でも、代わりにアポロが彼女を守ってくれてとてもうれしいです。」とボーイフレンドのカルロスさんも語りました。

アポロはヒーロー犬として、市から称えられ表彰されました。

先日、ニューヨーク市マンハッタンのペンシルバニア・ホテルのペントハウスでアポロの表彰式が行われました。アポロの送り迎えはリムジンが用意されたそうです。

アポロには、ご褒美として犬用のスペシャル・ケーキが振る舞われ、おもちゃが贈与されました。

また、表彰式には、ニューヨーク州ナッソー郡のASPCAの代表も参加し、「このように愛犬は飼い主を守ってくれるということを皆さんに是非知っていただきたいです。」と最後にスピーチを行いました。

ピットブルは場所によっては危険犬種法で取り締まられ弾圧されている悲劇の犬なのですが、今回のようなお話が大々的に報道されることはとても嬉しいです。

もちろん、マヤさんがとても怖い目に遭ったことはいただけない現実なのですが、彼女の異変を察知して、暴漢に襲いかかったピットブルのアポロは素晴らしい犬だと言えるでしょう。アポロ(雄)は見かけは成犬のようですが、まだ、わずか5か月の子犬です。その賢さと勇敢さに称賛です!

参考資料

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら